中国地方地図

中 国 (広島、岡山、山口、鳥取、島根)

ファミリー大運動会 (2018/11/18 東広島協議会) new

写真1

11月18日恵まれた天候の下、尾道市の向島運動公園・体育館において、80組の家族連れなど220名が参加し、「東広島ファミリー大運動会」を開催しました。

午前10時30分開会で、午前中に6競技、午後から5競技を行いました。競技内容は、幼児からお年寄りまで楽しめるようにと、青年部が中心になって企画しました。

恒例の「綱引き」「玉入れ」「リレー」などの他にも、「ボール送り競争」「ソフトバレーボール」「フリースロー対決」などの球技も取り入れて、若い中高生や青年も活躍できる内容となりました。

東軍(福山)と西軍(三原・尾道)に分かれての対抗でしたが、最後の「年代別リレー」まで接戦となり、最後まで盛り上がりました。

午後3時に閉会式をした後、記念写真を撮り解散となりました。

写真2 写真3

青年交流会 (2018/10/28 東広島協議会)

写真1

10月28日、尾道支部と世羅高原農場において、9名が参加し、「焼きそば&フラワー交流会」を開催しました。

はじめに、尾道支部で主催者挨拶がありました。その後、各自が持参した具材をテーブルごとに切り分け、みんなができることを担当しながら、塩焼きそばやソース焼きそばなどを作っていただきました。

食後、みんなで後片付けをしてから世羅高原農場に向かいました。

世羅高原農場はダリア祭の期間で、参加者は最高の姿で咲き誇っているダリアを堪能し、みんなで写真を撮りながら楽しい時間を過ごしました。

久しぶりに青年交流の時間をもつことができ、参加者はみんなとても喜び満足しているようでした。

写真2 写真3

ファミリー・芋掘り体験 (2018/10/13 東広島協議会)

写真1

10月13日、福山支部では、神石高原町の会員の畑において、10組の家族連れなど42名が参加し、「第7回ファミリー・芋掘り体験」を実施しました。

朝8時20分に支部を出発し、10時半に現地に到着しました。早速、畑に向かい、半分冬眠しかかっているカエルやイモリを起こしながらマルチシートを外し、春に植えたサツマイモを掘り上げました。

今年は大きなお芋が沢山できていて、どんな大きさのものが出てくるのか期待しながら、芋掘りを楽しみました。

芋掘りの後、昼食には、芋ご飯と豚汁を美味しくいただきました。

食後は、サツマイモのつるでリースを作りました。みんな集中して、個性豊かなものを作り上げていました。

最後に、後片付けをして、午後4時には、沢山のサツマイモをお土産にして帰路につきました。

写真2 写真3 写真4

ファミリー清掃ボランティア (2018/10/7 島根協議会)

写真1

10月7日、松江支部とボランティア団体「朝酌川を美しくする会」では、朝酌川周辺において、21組の家族連れなど100名が参加し、「朝酌川ファミリーボランティア」を実施しました。

はじめに、裵景燦常任顧問から、「神様が準備された万物は愛のためのものなのに、自分のものと錯覚したことが過ちでしたが、ファミリーボランティアも愛のために準備された物です。人と自然を愛し家族や地域の結び付きを深めるボランティア文化を広めることを目標に地域社会のために尽くし、より良い町づくりをしていきましょう」との挨拶がありました。

その後、3つのグループに分かれて作業を開始しました。事前に有志の方々が草刈り機で刈った草を回収したりゴミを拾ったりしました。

写真2

60分ほどの作業の結果、燃えるゴミ3袋、燃えないゴミ1袋ほどが回収されました。

全体記念撮影の後は、壮年や青年たちがその場でフランクフルトやかき氷を作って下さり、参加者に振る舞われました。

また、婦人たちが朝早くから用意して下さった、心づくしのおにぎりと飲み物なども振る舞われ、一汗かいた後の喜びに美味しさも加わり、しばらく歓談が尽きませんでした。

今後も、回を重ねながら、清掃ボランティアを通して、地域の人たちと一緒に環境美化運動を推進し、イベント的要素も高めていきながら、地域に家庭文化を創っていきたいと思います。

参加者からは、「台風が通過した後で草やゴミが散乱していて大変でしたが、皆で作業をしてキレイになった道路や公園を見ると清々しい気持ちになりました。」「途中、小雨がぱらつき大変でしたが楽しくゴミ拾いや、かき氷作りをすることができました」などの声が聞かれました。

秋の壮年研修会 (2018/9/24 東広島協議会)

写真1

9月24日、尾道ふれあいの里において、8組の夫婦など61名が参加し、「東広島・秋の壮年研修会」を開催しました。

午前10時に開会し、午前中は渡邊芳雄講師による「救国救世」をテーマにした講演が約2時間ありました。

とても説得力のある内容で、南北統一を中心とした世界情勢や救国の道筋について良く理解できました。

昼食は8テーブルに分かれて、座長を立てて座談会を行いながら有意義に過ごしました。

午後からは体育館に移動し、「壮年フットサル」を行いました。初めての試みでしたが、楽しくプレーでき、親睦を深めることができました。

最後に、全体で記念写真を撮り、午後3時30分に閉会しました。

写真2 写真3

中学生ファミリーセミナー (2018/7/15 東広島協議会)

写真1

7月15日、広島県立福山少年自然の家において、7組の親子連れなど17名が参加し、「東広島・中学生ファミリーゼミナール」を開催しました。

午前中は、2コマの講座で、1コマ目は親と子に分かれて行いました。親たちは家庭教育部長の親セミナーの講座を受け、子供たちは心理テストのアイスブレイクをした後、学生部長からチャレンジすることの大切さについて学びました。

2コマ目は、親子が合流して、家庭教育部長による純潔講座を受けました。

写真2

午後からは、親子が触れ合う機会を持ちたいと思い、親子チームの対抗戦でレクリエーションゲームをしました。

ゲームの内容は、飴とりじゃんけん、エスチャー、ジェスチャー、背中の文字当てゲーム、マシュマロチャレンジ、母の日テストでした。

中でも、盛り上がったのはマシュマロチャレンジで、90センチのテープと紐を使いながら、20本のパスタで塔を作り、頂上にマシュマロを乗せて如何に高い塔を作るかという、チームビルディングとして有名なゲームです。

写真3

通常は4人1組のチームでやるのですが、今回は親子が如何に力を合わせてやれるかが問われる2人1組のチームで行いました。

親が子供の力を引き出してうまく協力し合っているところもあれば、親が全部やってしまうチームもあり、普段の様子がよくわかるような光景が見られました。

参加者からは、「親セミナーを通して改めて神様の子女を育てているという自覚を持って生活することの大切さを教えていただきました。」「純潔教育を親子で聞く機会が持ててとても良かったです」などの声が聞かれました。


芋畑の手入れ&災害ボランティア (2018/7/14 東広島協議会)

写真5

7月14日、神石高原町において、15組の家族連れなど42名が参加し、芋畑の手入れと災害ボランティアを行いました。

毎年恒例のイベントですが、今回は、5月に植え付けを行ったさつまいも畑の雑草を除去すると同時に、西日本豪雨による土砂崩れで埋まった側溝の泥を取り除くため、二手に分かれて作業を行いました。

写真3

草取りも側溝の掃除も大変でしたが、皆で協力して頑張りました。

昼食には、流しそうめんをいただきましたが、午前中の作業で汗を流して頑張りましたので、いつもより美味しく感じました。

また、とても暑かったので、かき氷も沢山いただきました。その後行ったスイカ割りは非常に盛り上がり、良き家族交流の一時となりました。


写真1  写真2  写真4

ファミリーバーベキュー (2018/6/24 東広島協議会)

写真1

6月24日天候に恵まれ、尾道市マリン・ユース・センターにおいて、21組の家族連れなど66名が参加し、「ファミリーバーベキュー」を開催しました。

乾杯をした後、焼き肉や焼きそばのバーベキューをいただきながら交流し楽しい時間を過ごしました。

バーベキューの後は、壮年たちがコーラスを披露してくれました。


写真2

その後、壮年の船に乗り、短時間でしたが、9回に分けて約30名の家族が瀬戸内海クルージングを楽しみました。

当初は、壮年の交流イベントとして企画していましたが、家族での参加も歓迎する中で参加者も増えて、とても盛り上がった、家族交流の良き1日となりました。


写真3 写真4

ファミリー球技大会 (2018/6/17 西広島協議会)

写真1

6月17日、北広島町の豊平総合運動公園・とよひらウィングにおいて、110組の家族連れなど250名が参加し、「真の家庭 西広島 球技大会」を開催しました。初めての方も15名参加しました。

開会式では、常任顧問の主催者挨拶に続き、代表2名による選手宣誓が行われました。大会本部からの注意事項説明の後、全員でラジオ体操とストレッチをして体をほぐし、競技を開始しました。

『広島A』、『広島B』、『中央』、『西』の4チームに分かれて、午前中は、フットサルとドッジボールの予選を行いました。

写真2

午後からは、フットサルとドッジボールの3位決定戦と優勝決定戦で熱戦が繰り広げられました。

その後、バレーボールの試合でも熱戦が繰り広げられ、最終的には、バレーボールで奇跡的に逆転勝利した、『広島B』チームが優勝しました。準優勝は『西』チーム、3位は『中央』チーム、4位は『広島A』チームとなりました。

閉会式では、常任顧問の総括に続き、応援に対する審査も加えた結果発表と表彰式が行われました。

最後に、全体とチーム別で記念写真を撮り終了となりました。

写真3

小学生から大人まで、幅広い年齢層が思いっきり体を動かし、最後まで諦めなければ、必ず勝利への道が開けることを実感することができました。

真の家庭運動にふさわしい家族交流の1日となりました。


<参加者の感想>

  • 今回は応援に専念しましたが、次は頑張って競技に参加したいです。 (40代婦人)
  • 最後のバレーボールの決勝戦は、劣勢のチームが絶対あきらめないという決意を失わず、自分たちを信じて最後まで戦った結果の逆転優勝で、とても感動しました。 (20代青年)
写真4  写真5

ファミリー・さつまいも植え付けイベント (2018/5/19 東広島協議会)

写真1

5月19日天候に恵まれ、神石高原町の会員の畑において、家族連れなど15組30名が参加し、毎年恒例の「第7回ファミリー・さつまいもの植え付けイベント」を開催しました。

11時に現地に到着し、説明を受けた後、苗付けを開始しました。このイベントも7回目となり、みんな慣れた手つきで黙々と作業して、あっという間に終わりました。

男の子たちは、到着早々へびを見つけて大興奮。苗付けも早々に終わらせて、カエルやイモリ採りに夢中でした。

お昼をいただいた後は、宝探しゲームをして賞品を沢山もらい、また、かき氷や綿アメを作って食べて、大喜びでした。

写真2 写真3

お花見ファミリーバーベキュー (2018/4/1 東広島協議会)

写真1

4月1日、福山支部では、福山市近郊の山の上にある緑陽公園において、35組の家族連れなど103名が参加し、「お花見ファミリーバーベキュー」を開催しました。

はじめに、朴洸烈(パククァンヨル)常任顧問からメッセージをいただき、その後、青年と壮年が手分けして、焼き肉と焼きそばでバーベキューを楽しみました。

桜も満開で、穏やかな晴れの天候に恵まれた中、食事と交流の場を持つことができました。

12時過ぎからは8チームに分かれて「ゲーム対抗戦」を楽しみ、家族で楽しむことのできた1日となりました。

写真2 写真3

記念コンサート (2018/3/25 東広島協議会)

写真1

福山市支部では、7人の男性とピアノ担当の女性で構成された、壮年有志のコーラスグループ『ハッピーボイス』が活動を始めて10年となりました。

そこで、3月25日、エフピコ・リムにおいて、「ハッピーボイス10周年記念感謝コンサート」を開催しました。35組の家族連れなど200名が参加し、初めての方が77名も来場されました。

20名の壮年たちが、10時30分に集合し、搬入・設営・リハーサルを行い、午後1時に受付、1時30分に開始しました。

約10曲を披露しましたが、その内の1曲は他の壮年も加わり、総勢20名で歌いました。

参加者からは、「男性コーラスの声にとても癒やされました。またこのような機会を持って下さい」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

ファミリー餅つきイベント (2018/2/18 東広島協議会)

写真1

2月18日、福山支部では、35組の家族連れなど初めての方2名を含む100名が参加し、「ファミリー餅つきイベント」を開催しました。

例年は1月に実施しているイベントですが、APTF運動の創始者でもあられるお方の御聖誕日に合わせて開催したものです。

前日は、壮年部が中心となって約10名で会場の準備をし、当日は、午前9時に集まり、壮年婦人、青年の20名ほどが、約17升(約26キロ)ものもち米を蒸して、3分の2は機械で、3分の1は石臼でつき、700個のお餅を作りました。

特に、夫婦や親子、家族で一緒の、もちつき体験を通して良き交流の時間となりました。

会場では、自由に「あんこ餅」や「きな粉餅」を沢山いただき、最後に全体記念写真を撮り終了となりました。

写真2 写真3

青年スノーイベント (2018/1/21 東広島協議会)

写真1

1月21日、スノーリゾート猫山において、8名が参加し、「第6回青年スノーイベント」を開催しました。

朝7時、いつものようにマイクロバスで現地に向かいました。いつもは、1時間も走れば雪景色が広がっているのですが、スキー場に着くまでの間、まったく雪がなく、到着する駐車場ですら雪がなくて少し心配しましたが、ゲレンデへと向かうとすでにスノーボーダーたちで賑わっており、心配するまでもありませんでした。

天気が良かったので最初に記念撮影をしてから、ソリ組とスノーボード組とに分かれました。

写真2

今回も、初めてスノーボードに挑戦する人へのレッスンを、傾斜の少ない練習場所で行いました。3〜4回繰り返していく中ですぐにコツを掴んでいき、早い段階でリフトを使って上まで登って滑り降りていました。ソリを持参した青年たちも童心に返って楽しく遊んでいました。

昼食は、食堂で温かいご飯をいただき、体も温まり、お互い午前中の様子を話すなど、とても楽しい一時となりました。

昼食後、1時間くらい滑った後、ソリで遊んでいたメンバーが飽きたらしく、スノーボードメンバーにボードを貸してもらって滑っていました。

写真3

4時くらいまで楽しんだ後、近くの温泉に行き、冷えた体も温めて、お互いに背中を流しあいながら、ゆっくりと疲れを癒やした後、帰路につきました。

今回も、事故や怪我もなく楽しむことができ、「また次回も参加したい、次はスノーボードセットを買って挑戦したい」という声もありましたので、来年も多くの青年たちと一緒に実施できたらと思っています。



山水苑壮年部フィッシング大会 (2018/1/18 北広島協議会)

写真1

1月18日天候に恵まれ、山口県周防大島沖において、8名が参加し、「山水苑壮年部フィッシング大会」を開催しました。

船を借り切り、朝7時に出航し8時30分に目的地に到着。ルアー釣りで大物を狙いました。

船の上での開放感と潮風を肌で感じながら釣りを楽しむことができ、釣果は、全体でヤズ(小型のブリ)55匹でした。

参加者からは、「初めてヤズを釣ることができ、また引きも強く興奮しました。」「自然の中での開放感でリフレッシュすることができました」など、喜びの声が聞かれました。

写真2 写真3

山水苑ゴルフ大会 (2017/11/15 山口協議会)

写真1

11月15日天候に恵まれ、宇部72カントリークラブ江畑池コースにおいて、17名が参加し、「第28回山口山水苑倶楽部ゴルフ大会」を開催しました。

冬の訪れを感じるコースで、始球式に続き開会式を行い、競技をスタートしました。

お互いに切磋琢磨しながらのプレーで、楽しく有意義な1日を過ごすことができました。

表彰式では、成績上位者とドラコン賞2名、ニアピン賞4名に賞品が授与された後、笑顔で記念写真を撮り終了しました。

写真2 写真3

ファミリー大運動会 (2017/11/12 東広島協議会)

写真1

11月12日天候に恵まれ、尾道市の向島運動公園・体育館において、80組の家族連れなど初めての方5名を含む230名が参加し、「東広島ファミリー大運動会」を開催しました。

午前10時半に開会。東軍と西軍に分かれて、幼児からお年寄りまで楽しめるように、恒例の「綱引き」、「玉入れ」、「リレー」などの他にも、「ドッジボール」、「ソフトバレーボール」、「フリースロー対決」などの球技も取り入れて、若い中高生や青年も活躍できるような競技で、熱戦が繰り広げられました。

最終種目の「年代別リレー」では接戦となり、最後まで盛り上がる中、午後3時に、閉会式と記念撮影をもって閉会しました。

写真2 写真3

ファミリー・いも掘り体験 (2017/11/4 東広島協議会)

写真1

11月4日、福山支部では、神石高原町の会員の畑において、8組の家族連れなど23名が参加し、「第6回ファミリー・いも掘り体験」を実施しました。

朝9時にマイクロバスで福山市内を出発し、10時半に現地に到着。早速、畑に向かい春に植えたさつまいもを掘り上げて、冷たい水で洗いました。

泥だらけになりましたが、自分たちで育てた芋でもあり、皆、大事に収穫しました。

お昼は、お母さんたち手作りの食事をいただき、午後からは、近くの林道を散策した後、午後2時半、帰路につきました。

写真2 写真3

青年・スポーツ&バーベキュー交流会 (2017/10/29 東広島協議会)

写真1

10月29日、尾道市マリン・ユース・センターにおいて、初めての方2名を含む16名が参加し、「青年・スポーツ&バーベキュー交流会」を開催しました。

はじめに、皆で自己紹介をした後、準備体操をしてバレーボール競技を開始。最初の対戦は支部対抗で、3セットの25点マッチで戦い、その後は、支部も関係なく混合のチーム対抗戦。どのセットも白熱したゲームとなり、大変盛り上がりました。


写真2

あいにくの雨でしたので、午後からは、会場を尾道支部に移動して、ホットプレートを4テーブル準備し、焼き肉を囲みながら交流しました。

スポーツで盛り上がった分、会話も随分弾んで、初めてのメンバーもとても喜び、「久々のスポーツで疲れましたが、とても楽しく、焼き肉も沢山いただけて大満足でした。みんな良い人たちで、また、このような機会があれば参加したいです」などの声が聞かれました。

ファミリープロジェクトツアー (2017/10/28 東広島協議会)

写真1

10月28日、福山支部では、15名が参加し、「福山壮年ファミリープロジェクトツアー」を開催しました。

午前9時に福山を出発し、10時過ぎには、世羅郡世羅町の梶川リンゴ園に到着。雨の降る中ではありましたが、リンゴ狩りを楽しみました。

その後、11時に現地を出発し11時30分に尾道市の「尾道ふれあいの里」に到着。予約していた会議室にて「昼食」をとった後、3組に分かれてのグループディスカッションを行いました。

「壮年として何をしたいのか」「今後どのように展開していくのか」などをテーマに意見交換をした上で、今後のプランをまとめ、午後2時15分からは温泉に入り、日頃の疲れを癒やし、午後3時30分には帰路につきました。

自然環境の良いところで、意見を述べ合い、今後に向けての建設的な壮年ツアーとなりました。

写真2 写真3

青年ボウリング大会 (2017/10/14 東広島協議会)

写真1

10月14日、福山支部では、キャッスルボウル福山において、初めての方2名を含む17名が参加し、「福山青年ボウリング大会」を開催しました。

くじ引きでチーム分けしたにもかかわらず割と均等に分かれており、ゲームは1回戦毎に白熱していきました。

両チーム、抜きつ抜かれつの攻防戦で、最後の最後まで勝敗が分からないような闘いとなり、大変盛り上がりました。

最後の表彰式では、勝ったチームには常任顧問から一人1000円の商品券がプレゼントされ、全体で記念写真を撮り、次回を期待しながら終わりました。

写真3 写真2

ファミリーフィッシング大会 (2017/10/9 山口協議会)

写真1

10月9日体育の日、天候に恵まれ、光市のフィッシングパーク光において、40名の家族連れが参加し、「県東部ファミリーフィッシング大会」を開催しました。

朝7時半から、 開会式を行った後、桟橋に移動して竿を出し、サビキ釣りや投げ釣りで大物を狙いました。

潮風の中、自然を肌で感じながら、家族の絆を深める良きふれあいの場となりました。

釣果は、大物賞の1位が約26センチのチダイ、大漁賞の1位が33匹で、その他にファミリー賞や特別賞、参加賞など、多くの方が喜びの受賞をして、散会しました。

写真2 写真3

山水苑ゴルフコンペ (2017/10/9 東広島協議会)

写真1

10月9日体育の日、良く晴れ渡った秋の日に、三原市の久井カントリークラブにおいて、会社の同僚や役員の方など、初めての方2名を含む14名が参加し、「第8回東広島山水苑ゴルフコンペ」を開催しました。

美しい自然の中で、ゴルフの腕を競い合い、良き交流の場となりました。

最後は、表彰式をして全体で写真を撮って終えました。


写真2 写真3

ファミリー大運動会 (2017/10/8 西広島協議会)

写真1

10月8日天候に恵まれ、広島市の可部運動公園・多目的スポーツ広場において、104組の家族連れなど初めての方45名を含む309名が参加し、「真の家庭 西広島 大運動会」を開催しました。

開会式では、大会会長の常任顧問による主催者挨拶に続き、男女二人による選手宣誓、大会本部から注意事項の説明の後、全員でラジオ体操をして体をほぐしました。

写真2

『広島A』、『広島B』、『中央』、『西』の4チームに分かれて、午前中は、小中高生と青年の「50m・100m走」、「ボール送り」、釣り竿を拾い漁場まで走りお宝を釣り上げて戻ってくる「宝釣り」、「綱引き」、打数の少なさを競う「めざせホールインワン」、男女別で選抜メンバーが走る「ベストリレー」など、多種多様な競技が繰り広げられました。

お昼休みには、同時にマラソンがスタート。選手は、会場の外周、マラソンコースを2周して最後にグラウンドを1周するコースを駆け抜けました。

写真3

午後からは、ゴールでもらえるお菓子を目指して元気に走る、未就学児による「ちびっこかけっこ」、「天一花吹雪(玉入れ)」、「綱引き」の決勝戦、二人三脚やおんぶして走る「夫婦ラブラブリレー」、そして最後は、幼児から壮年まで21名でたすきをつなぐ「年代別総合リレー」と、さらに白熱した競技が続き、大きな歓声があがりました。

熱戦が繰り広げられた結果、最後のリレーで劇的に逆転勝利した『広島A』チームが優勝し、準優勝は『西』チーム、3位が『中央』チーム、4位は『広島B』チームとなりました。

写真4

閉会式では、大会会長挨拶に続き、結果発表と表彰式、全体とチーム別に記念写真を撮り終了となりました。

参加者達は、普段ではなかなか見られない笑顔を満面に湛え、世代を超えて一つとなり、また、家族の強い絆が生まれた貴い1日となりました。


写真5

<参加者の感想>

  • とてもおもしろかったです。明日も明後日も運動会だったらいいのに!! (女子小学生)
  • 世代を超えてのアットホームな感じがとても良かったです。多くの方と知り合いになれるので、またやりたいです。 (青年男子)
  • 私たちの年代が一番多かったのですが、お年寄りから幼児まで活躍している姿に、とても希望と喜びを感じることができました。 (50代婦人)
写真6 写真7

ファミリー清掃ボランティア (2017/9/30 島根協議会)

写真1

9月30日晴天に恵まれ、松江支部とボランティア団体「朝酌川を美しくする会」では、朝酌川において、4組の家族連れなど31名が参加し、「朝酌川ファミリーボランティア」を実施しました。

はじめに、白石健二支部長から、「多くの皆さんのご協力を得ながら、続いていることを本当にうれしく思います。この活動を通して、さらに地域社会のために尽くし、より良い街づくりをしてまいりましょう」との挨拶があり、その後、3つのグループに分かれて作業を開始しました。

早朝に壮年の有志が草刈り機で刈って下さった、朝酌川の土手や楽山西街区公園の雑草を、みんなで集め回りました。

汗ばむ陽気の中、1時間ほどでしたが、ボランティア活動を終えて、公園に再び集まってきた参加者たちの清々しく爽やかな笑顔がとても印象的でした。

作業後には、支部長が、参加者の労をねぎらいながら閉会の挨拶を述べ、全体記念撮影の後は、壮年や青年たちが準備して下さった、お茶やお菓子等が皆に振る舞われました。

「ボランティア活動を通して、皆さんとより深く交流ができ、楽しいひと時を持つことができました」との感想もあり、一汗かいた後の喜びとともに、しばらく歓談がつきませんでした。

写真2 写真3

山水苑ゴルフ大会 (2017/9/20 山口協議会)

写真1

9月20日天候に恵まれ、山陽小野田市の山陽国際ゴルフクラブ東コースにおいて、11名が参加し、「山口山水苑倶楽部第27回ゴルフ大会」を開催しました。

秋風の中、始球式に続き開会式を行い、競技をスタート。好プレーや珍プレーに沸き、お互いに切磋琢磨しながらのプレーで、楽しく有意義な1日を過ごしました。


写真2 写真3

ファミリーフィッシング大会 (2017/9/18 山口協議会)

写真1

9月18日、長門市の仙崎人工島において、家族連れなど62名が参加し、「県西部ファミリーフィッシング大会」を開催しました。

朝7時半より開会式と釣り教室の後、一斉に竿を出してサビキ釣りや投げ釣りなどで大物を狙いました。

曇り空でしたが、全身に潮風を受け大自然を感じながら、和気あいあいと釣りを楽しみ、家族の絆を深めることができました。

大会終了後には、有志で釣り場の清掃ボランティアを行った後、散会しました。

写真2

ファミリーそうめん流し&芋畑の手入れ (2017/8/12 東広島協議会)

写真1

8月12日、神石高原町において、14組の家族連れなど初めての方5名を含む32名が参加し、「ファミリー・そうめん流しと芋畑の手入れ(草取り)イベント」を開催しました。

朝9時にマイクロバスで福山を出発し、10時半に現地に到着。

午前中は、春に植えたサツマイモ畑の草取り。曇っていたので、作業がしやすくはかどりました。

お昼は、そうめん流しと、お母さん達が作って下さった天ぷらを美味しくいただき、お父さん達が作ってくれたかき氷や綿あめも楽しみました。

午後からは、スイカ割りで盛り上がり、美味しくいただいた後、午後2時半には帰路につきました。

10月には、「ファミリーサツマイモ収穫イベント」を実施する予定です。

写真2 写真3

高校生親子セミナー (2017/8/6 東広島協議会)

写真1

8月6日、福山少年自然の家において、4組の親子連れなど11名が参加し、「高校生親子1DAYセミナー」を開催しました

午前中は、親と子が分かれて講義を受け、親子関係について改めて考えるきっかけとなり、次に、親子が合流して純潔講座を受講しました。

講義の後は広場へ出かけ、とても天気が良く暑かったのですが、木陰で持参したお弁当を広げて親子でいただいていると、風も吹いて心地よく過ごすことができました。

写真2

午後からは、親子のどちらかが目隠しをして、障害物にぶつからないように誘導していったり、目隠しをしたまま触った物が何かを当てるなど、色々なゲームを通して、親子の心の距離を縮めることができました。

その後、自然散策をしながら、親子が一対一で会話する時間となりました。子供が生まれる頃の話をしながら、普段は聞けないような話もできたようで、改めて、親子が一対一で話す時間はとても大切であると実感しました。

散策を終えて、家族や親子に関する映像を2本見た後に、手紙交流の時間を持ちました。普段は言えなかったことも、手紙を通して伝え、涙を流しながら書いている様子や、手紙を受け取って涙しながら読んでいる姿、また、親子で微笑みながら読んでいる姿などが印象的でした。

最後は、食べ放題の夕食をいただき、心もお腹もいっぱいになった1日となりました。

高校生にもなると、親とあまり話さないようなケースもあり、今回のような親子セミナーを通して、改めて親子関係の重要性を実感することができました。

写真3 写真4

日帰りバスツアー (2017/7/17 東広島協議会)

写真1

7月17日、福山支部では、12名が参加し、因島への「福山壮年ファミリープロジェクトツアー」を開催しました。

午前9時、マイクロバスで出発し、しまなみ海道で因島に渡り、午前中は工場見学、その後、ホテル因島で昼食をとった後、別室にて3つのグループに分かれて、「壮年として何ができるか?何をしたいのか?」のテーマでディスカッションし、今後につながる集会となりました。

最後に、みんなでお風呂に入って疲れを癒やした後、午後4時半に支部へ戻りました。

写真2 写真3

学生・青年キャンプ交流会 (2017/7/15-16 東広島協議会)

写真1

7月15日から16日、今治市の大三島にある多々羅キャンプ場において、中高生や青年など29名が参加し、「学生・青年孝情文化キャンプ交流会」を実施しました。

1日目は、正午頃にキャンプ場に到着し、昼食のバーベキューの準備をする人と、テントを張る人に分かれ、準備が整ってからは、たくさんのお肉や野菜を焼いて美味しくいただきました。青年のお兄さんたちが焼いてくれたり声をかけてくれたりと、「為に生きる」姿も見られました。

食後は、海へ行って海水浴をし、浮き輪やウォーターガンなどを使って楽しみました。しばらく遊んだ後は、スイカ割り。準備された3つのスイカは割と早くに割ることができ、皆で甘いスイカをいただいた後は、青年数名が夕食のカレー作りにとりかかり、中高生や他の青年たちは再び海で遊びました。

夕食後は、近くの温泉に入りゆったりと過ごし、最後は、砂浜に移動し、手持ち花火や打ち上げ花火、ねずみ花火など、色々な種類の花火大会を楽しみました。

2日目は、しまなみ海道でサイクリング。大三島から今治までの往復約60キロを走るコースと、もう一方は大三島から橋を2つ渡って大島までの往復をし、途中まったりと自然を楽しむ2コースに分かれました。60キロの距離は中学生にとっては少し長かったようですが、男性たちにとっては良い運動になり、気持ち良さそうでした。

2日間天候にも恵まれ、普段、なかなか交流できない人も参加し、また、中高生と青年が一緒に交流でき、親睦を深め、とても楽しい時間を過ごすことができました。

写真2 写真3

富士山登山ツアー (2017/7/8-9 北広島協議会)

写真1

7月8日から9日にかけて、2組の夫婦連れなど49名が参加し、「富士山登山ツアー」を実施しました。

マイクロバス2台に分乗し、8日の正午に広島を出発、途中、休憩しながら富士スバルライン五合目に向かいました。

9日午前1時、満月の下、登山口を出発し、頂上に着いた頃には、晴れ渡る地平線から御来光を拝することができ、その素晴らしい景観に感動を覚えました。

また、各自が限界に挑戦することができ、貴重な経験となりました。

参加者からは、「初めて富士山に登ることができました。」「遠くで見る富士山は綺麗ですが、近くで見ると岩肌で雰囲気が違っていました。」「自分の限界に挑戦できて良かったです」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

PL・家庭再建ラリー&マーチ (2017/6/4 東広島協議会)

写真1

6月4日、福山市において、60組の家族連れなど200名が参加し、広島県平和大使協議会備後事務局主催の「家庭再建!ピュアラブマーチ」が開催されました。

福山市中央図書館広場から出発し、JR福山駅に向かって、市の大通りを警察の先導で、横断幕を持ち、プラカードを掲げ、声高らかに「結婚前は純潔を、結婚後は夫婦の貞節を守り、明るく健全な家庭を築くこと」を訴えながら練り歩きました。

約30分間の行進でしたが、平和大使の方も共に行進して下さり、地元マスコミの取材を受けるなど、街ゆく人達の注目を集めました。

写真2 写真3

ファミリーさつまいも植え付けイベント (2017/6/3 東広島協議会)

写真1

6月3日天候に恵まれ、神石高原町の会員の畑において、9組の家族連れなど31名が参加し、毎年恒例の「第6回ファミリーさつまいもの植え付けイベント」が開催されました。

はじめに、畑を貸して下さった方から作業についての説明を受けた後、山に囲まれた自然の中で、皆でサツマイモの苗を1本1本植えていきました。

お昼には、お母さんたちが作ってくれたカレーライスを美味しくいただき、その後は、かき氷や綿アメを作ってみんなで楽しくいただきました。

次回は、夏休みに「草取り・すいか割りイベント」、秋には「サツマイモ掘りイベント」を予定しています。

写真2 写真3

山水苑ゴルフコンペ (2017/6/3 西広島協議会)

写真

晴天に恵まれ風も心地よい6月3日、広島国際ゴルフ倶楽部において、15名が参加し、「広島山水苑ゴルフコンペ」を開催しました。

4組に分かれてプレーを楽しみましたが、雰囲気もとても良く、和気あいあいとした和やかな交流の場となりました。

参加者からは、「久しぶりのコースで、有意義な時間が持て、日頃の交流がなかったメンバーとも新しく面識ができて良かったです。」「とてもメンタルなスポーツなので、精神的な鍛錬に特に良いな!と感じました」などの声が聞かれました。

山水苑ゴルフコンペ (2017/5/20 島根協議会)

写真1

5月20日天候に恵まれ、三瓶山の麓にある、クラシック島根カントリークラブにおいて、8名が参加し、「第11回島根山水苑ゴルフコンペ」を開催しました。

ここのコースは距離もあり、グリーンが見えないトリッキーなコースが多く、初めて回る方は、どこに打てばよいかわからず、運を天に任せてクラブを振っていました。

その中でも、午前午後とスコアをまとめられた、金益田支部顧問が優勝となりました。

参加者からは、「とても良いコースで楽しかったです。毎月でも開催してほしいです。」「緑豊かなコースでプレイできて楽しかったです。次回はもっと練習して納得して帰りたいです」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

山水苑しなまみクラブ釣り大会 (2017/5/14 東広島協議会)

写真1 写真2

5月14日天候に恵まれ、福山市内海町の箱崎漁港周辺において、2組の親子連れなど19名が参加し、「第13回山水苑しまなみクラブ釣り大会」を開催しました。

朝7時に集合し、壮年所有の船3隻に乗っての船釣り組と陸からの釣り組とに分かれて競技を開始しました。

瀬戸内海沿岸に近い場所ですので、大物とはいきませんが、キスをはじめ鯛、グチ、カレイなど、自然の中での釣りを思う存分に楽しむことができました。

午後2時には漁港に集合し、ジュースで乾杯。計量した結果、9名の方が表彰され、記念撮影をして午後2時半に解散となりました。

写真3 写真4

ファミリーフィッシング&バーベキュー大会 (2017/5/13 島根協議会)

写真1 写真2

5月13日、松江支部では、宍道湖において、6組の家族連れなど19名が参加し、「ファミリーフィッシング&バーベキュー大会 in 宍道湖」を開催しました。

今回は例年になく、大物のスズキがたくさん釣れ、中でも59センチを釣り上げた時には、スズキが水面を跳ねてなかなかの迫力でした。

釣り大会の後は、バーベキューを楽しみながら、親睦を深めました。

参加者からは、「大物のスズキを初めて釣り、今後の運勢を感じています。」「娘と2人で釣りに来たのは初めてで、とても楽しく良い思い出になりました。」「夫婦がまた仲良くなれてよかったです」などの声が聞かれました。

写真3 写真4

お花見&ファミリーバーベキュー (2017/4/2 東広島協議会)

写真1

4月2日、福山支部では、緑陽公園において、47組の家族連れなど初めての方5名を含む137名が参加し、「お花見ファミリーバーベキュー」を開催しました。

残念ながら桜は一分咲き程度でしたが、穏やかな天候に恵まれた、良き食事と交流の場となりました。

午前11時から朴洸烈常任顧問のメッセージに始まり、青年と壮年が手分けして焼き肉、焼きそばを調理し、バーベキューに舌鼓。

正午過ぎからは、8チームに分かれて、様々なゲームで盛り上がり、親子や夫婦、家族で楽しむことのできた1日となりました。

写真2 写真3

親子セミナー (2017/3/25-26 東広島協議会)

写真1

3日25日から26日、尾道市郊外の施設において、8組の親子など21名が参加し、親子セミナーを開催しました。

自然に囲まれた環境の中で、蝶野講師のセミナーを受講し、途中、ゲームや映像視聴の時間などもあり、親子で向きあう貴重な時間を持ち、最後の手紙交換では、お互いに胸につかえていた思いを吐露し、涙ながらの感動的な時間となりました。


写真2

参加者からは、「今まで祝福の意味を知らず、絶対に受けないと思っていたのですが、この2日間の先生の話を聞いて、思いが一気に変わりました。このことを気づかせるために、神様は私をこのセミナーに導いてくれたのかなと思いました。親子でとても楽しく過ごせましたし、絆が深まったと思います」などの声が聞かれました。


春の壮年研修会 (2017/3/12 東広島協議会)

写真1

3月12日、尾道ふれあいの里において、12組の家族連れなど92名が参加し、「東広島・春の壮年研修会」を開催しました。

午前10時に開会し、羽原栄一さんによる南米レダでの活動報告の後、同志社大学講師を迎えて、約2時間の講義がありました。

南北統一を中心とした世界情勢と、その背後で格闘された文先生の業績を、とても説得力のある内容で、時間一杯まで語って下さいました。

昼食の時間は、7つのテーマでグループを分け、座談会を行いながら有意義に過ごしました。

午後からは、晴天にも恵まれ、朴洸烈常任顧問を迎え、6つのチームに分かれて「グラウンドゴルフ大会」で楽しくプレーし、親睦を深めることができました。

団体戦は優勝の尾道チームをはじめ3位まで、個人では9位までが表彰され、記念撮影をして午後3時半に閉会となりました。

参加者からは、「南北統一の問題を外交政策の視点でわかりやすくお話ししていただき、天の摂理に対する無知が滅びに通じること、私自身も無知ではいけない、勉強しないといけないと感じました」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

真の家庭運動パネル展 (2017/2/11-12 東広島協議会)

写真1

2月11日から12日、尾道支部では、「真の家庭運動パネル展2017 ー 祝福結婚と理想家庭」を開催し、初めての方14名を含む72名が来場しました。

パネル展に先立ち、会員の皆さんから、結婚当初の夫婦の写真を持ち寄って頂き、”軌跡の1枚コンテスト”と題した、家族写真のコンテストを実施しました。

前回同様、会場入り口に楽しくレイアウトされた写真を見ながら、大いに盛り上がり、来場された親族や関係者も、共に楽しい時間を過ごしました。

写真2

ミニ講話の時間では、原田顧問が、家庭と真の愛について語って下さり、その後、パネラー毎それぞれ分かれて運動全般の紹介をし、最後は各テーブルで和やかに交流しました。

<参加者の感想>
  • 良い家庭を築くことが、将来の子供達や未来につながるのだと思いました。 (26歳・男性)
  • 愛を実らせるためには条件があり、犠牲が伴うことが分かりました。 (21歳・女性)

ファミリーフェスティバル (2017/1/22 西広島協議会)

写真1

1月22日、広島市東区民文化センターにおいて、175組の家族連れなど初めての方105名を含む540名が参加し、「ファミリーフェスティバル in 広島」が開催されました。

青年男女の司会で開演し、男女混声の聖歌隊が平和と希望の願いを込めた清らかな歌声で2曲を披露、続いて、韓国婦人10名のコーラス隊による、美しいチョゴリ姿の歌を通して、韓国と日本のかけ橋であることを感じさせられました。

写真2

次に、中高生26名が、昨年、オバマ大統領が訪問した広島として、平和に対する意味を天の目から捉え、家族愛を表現した現代版のシーンと原爆投下当時の回想シーンを織り交ぜた物語を、渾身の演技で堂々と披露し、多くの参加者に感動を与え、至るところで涙する姿が見られました。

その後、主催者挨拶と来賓挨拶に続き、特別講演では、阿部美樹講師が、「幸せの礎・家族愛」というタイトルで、初めての方にもわかりやすく、時折、ユーモアと体験談を交えて、愛の大切さや日ごろの私たちの姿勢、一つになる目的、夫婦間で意識することなどを、ソフトにまた時に力強く語って下さいました。

写真3

終盤になり、お楽しみ抽選会では、多くの新規参加者の方達も当選し、思わぬサプライズに喜びも倍増したようでした。

最後に、聖歌隊、韓国婦人、主催者側、阿部講師が登壇し、会場全体で『ビリーブ』を声高らかに歌い、全体が改めて家族愛について学べたこと、多くの出会いと喜びに感謝し、秋に向けたファミリーフェスティバルでの再会を約束して幕を閉じました。

写真4

参加者からは、「阿部先生の講演の中で、言葉の使い方で人生が変わってくることを前から聞いていましたが、本当にそうなんだと強く思いました。家の中でも気を付けていこうと思います。本当に参加して良かったです。」「中高生の劇を見て、とても刺激されました。あんなに団結して頑張っている姿を通して、私も頑張っていきたいと思いました」などの声が聞かれました。


写真5 写真6

壮年部新年会 (2017/1/22 東広島協議会)

1月22日、尾道支部では、10名の壮年が参加し、新年会を開催しました。

鍋を囲み、現在の国際・国内情勢について語り会いながら、お互いの近況報告も行い、様々な話題で盛り上がり、とても有意義な時間となりました。

参加者からは、「本当は、もっと多くの方が参加すると聞いていましたが、雪の影響で来られなかったそうで、少人数になり残念でしたが、鍋を囲んで交流でき、気持ちも体も温まりました」などの声が聞かれました。

写真1 写真2

ファミリースノーイベント (2017/1/21 東広島協議会)

写真1

1月21日、広島県民の森・スキー場において、12組の家族連れなど35名が参加し、「ファミリースノーイベント」を開催しました。

大寒らしい冷え込みで、道路には雪がつもり、予定より30分遅れでスキー場に到着しました。

先週からの寒波の影響で、ゲレンデは一面銀世界。時折、陽も照ったりのまずまずのコンディションでした。

文字通り親子でソリ遊びを楽しんだり、兄弟姉妹で雪合戦に夢中になったり、スタッフの青年達と思いっきりはしゃぎ回る姿が見られました

自然の中で神様の愛を体感し、家族にとっても良い交流の場となり、みんなと一緒に素晴らしい時間を共有できたことを深く感謝する1日となりました。

写真2 写真3

山水苑倶楽部ゴルフ大会 (2017/1/11 山口協議会)

写真1

1月11日、宇部72カントリークラブ江畑池コースにおいて、初めての方2名を含む17名が参加し、「第23回山口山水苑倶楽部ゴルフ大会」を開催しました。

冷たい風が吹く中でしたが快晴に恵まれ、始球式に続き開会式を行い、競技をスタートしました。

今回、初めて岩国から女性も参加されて、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮して、好プレーや珍プレーに湧くなど、お互いが全力を出し合いながら、有意義な1日を過ごすことができました。

参加者からは、「23回を数えて気心も知れた仲間とゴルフができて楽しい1日を過ごせました。」「毎回、やるたびに、ゴルフは難しいと感じます。次回は優勝できるように頑張りたいと思います」などの声が聞かれました。

写真2 写真3