中国地方地図

中 国 (広島、岡山、山口、鳥取、島根)

お花見&ファミリーバーベキュー (2017/4/2 東広島協議会) new

写真1

4月2日、福山支部では、緑陽公園において、47組の家族連れなど初めての方5名を含む137名が参加し、「お花見ファミリーバーベキュー」を開催しました。

残念ながら桜は一分咲き程度でしたが、穏やかな天候に恵まれた、良き食事と交流の場となりました。

午前11時から朴洸烈常任顧問のメッセージに始まり、青年と壮年が手分けして焼き肉、焼きそばを調理し、バーベキューに舌鼓。

正午過ぎからは、8チームに分かれて、様々なゲームで盛り上がり、親子や夫婦、家族で楽しむことのできた1日となりました。

写真2 写真3

親子セミナー (2017/3/25-26 東広島協議会) new

写真1

3日25日から26日、尾道市郊外の施設において、8組の親子など21名が参加し、親子セミナーを開催しました。

自然に囲まれた環境の中で、蝶野講師のセミナーを受講し、途中、ゲームや映像視聴の時間などもあり、親子で向きあう貴重な時間を持ち、最後の手紙交換では、お互いに胸につかえていた思いを吐露し、涙ながらの感動的な時間となりました。


写真2

参加者からは、「今まで祝福の意味を知らず、絶対に受けないと思っていたのですが、この2日間の先生の話を聞いて、思いが一気に変わりました。このことを気づかせるために、神様は私をこのセミナーに導いてくれたのかなと思いました。親子でとても楽しく過ごせましたし、絆が深まったと思います」などの声が聞かれました。


春の壮年研修会 (2017/3/12 東広島協議会)

写真1

3月12日、尾道ふれあいの里において、12組の家族連れなど92名が参加し、「東広島・春の壮年研修会」を開催しました。

午前10時に開会し、羽原栄一さんによる南米レダでの活動報告の後、同志社大学講師を迎えて、約2時間の講義がありました。

南北統一を中心とした世界情勢と、その背後で格闘された文先生の業績を、とても説得力のある内容で、時間一杯まで語って下さいました。

昼食の時間は、7つのテーマでグループを分け、座談会を行いながら有意義に過ごしました。

午後からは、晴天にも恵まれ、朴洸烈常任顧問を迎え、6つのチームに分かれて「グラウンドゴルフ大会」で楽しくプレーし、親睦を深めることができました。

団体戦は優勝の尾道チームをはじめ3位まで、個人では9位までが表彰され、記念撮影をして午後3時半に閉会となりました。

参加者からは、「南北統一の問題を外交政策の視点でわかりやすくお話ししていただき、天の摂理に対する無知が滅びに通じること、私自身も無知ではいけない、勉強しないといけないと感じました」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

真の家庭運動パネル展 (2017/2/11-12 東広島協議会)

写真1

2月11日から12日、尾道支部では、「真の家庭運動パネル展2017 ー 祝福結婚と理想家庭」を開催し、初めての方14名を含む72名が来場しました。

パネル展に先立ち、会員の皆さんから、結婚当初の夫婦の写真を持ち寄って頂き、”軌跡の1枚コンテスト”と題した、家族写真のコンテストを実施しました。

前回同様、会場入り口に楽しくレイアウトされた写真を見ながら、大いに盛り上がり、来場された親族や関係者も、共に楽しい時間を過ごしました。

写真2

ミニ講話の時間では、原田顧問が、家庭と真の愛について語って下さり、その後、パネラー毎それぞれ分かれて運動全般の紹介をし、最後は各テーブルで和やかに交流しました。

<参加者の感想>
  • 良い家庭を築くことが、将来の子供達や未来につながるのだと思いました。 (26歳・男性)
  • 愛を実らせるためには条件があり、犠牲が伴うことが分かりました。 (21歳・女性)

ファミリーフェスティバル (2017/1/22 西広島協議会)

写真1

1月22日、広島市東区民文化センターにおいて、175組の家族連れなど初めての方105名を含む540名が参加し、「ファミリーフェスティバル in 広島」が開催されました。

青年男女の司会で開演し、男女混声の聖歌隊が平和と希望の願いを込めた清らかな歌声で2曲を披露、続いて、韓国婦人10名のコーラス隊による、美しいチョゴリ姿の歌を通して、韓国と日本のかけ橋であることを感じさせられました。

写真2

次に、中高生26名が、昨年、オバマ大統領が訪問した広島として、平和に対する意味を天の目から捉え、家族愛を表現した現代版のシーンと原爆投下当時の回想シーンを織り交ぜた物語を、渾身の演技で堂々と披露し、多くの参加者に感動を与え、至るところで涙する姿が見られました。

その後、主催者挨拶と来賓挨拶に続き、特別講演では、阿部美樹講師が、「幸せの礎・家族愛」というタイトルで、初めての方にもわかりやすく、時折、ユーモアと体験談を交えて、愛の大切さや日ごろの私たちの姿勢、一つになる目的、夫婦間で意識することなどを、ソフトにまた時に力強く語って下さいました。

写真3

終盤になり、お楽しみ抽選会では、多くの新規参加者の方達も当選し、思わぬサプライズに喜びも倍増したようでした。

最後に、聖歌隊、韓国婦人、主催者側、阿部講師が登壇し、会場全体で『ビリーブ』を声高らかに歌い、全体が改めて家族愛について学べたこと、多くの出会いと喜びに感謝し、秋に向けたファミリーフェスティバルでの再会を約束して幕を閉じました。

写真4

参加者からは、「阿部先生の講演の中で、言葉の使い方で人生が変わってくることを前から聞いていましたが、本当にそうなんだと強く思いました。家の中でも気を付けていこうと思います。本当に参加して良かったです。」「中高生の劇を見て、とても刺激されました。あんなに団結して頑張っている姿を通して、私も頑張っていきたいと思いました」などの声が聞かれました。


写真5 写真6

壮年部新年会 (2017/1/22 東広島協議会)

1月22日、尾道支部では、10名の壮年が参加し、新年会を開催しました。

鍋を囲み、現在の国際・国内情勢について語り会いながら、お互いの近況報告も行い、様々な話題で盛り上がり、とても有意義な時間となりました。

参加者からは、「本当は、もっと多くの方が参加すると聞いていましたが、雪の影響で来られなかったそうで、少人数になり残念でしたが、鍋を囲んで交流でき、気持ちも体も温まりました」などの声が聞かれました。

写真1 写真2

ファミリースノーイベント (2017/1/21 東広島協議会)

写真1

1月21日、広島県民の森・スキー場において、12組の家族連れなど35名が参加し、「ファミリースノーイベント」を開催しました。

大寒らしい冷え込みで、道路には雪がつもり、予定より30分遅れでスキー場に到着しました。

先週からの寒波の影響で、ゲレンデは一面銀世界。時折、陽も照ったりのまずまずのコンディションでした。

文字通り親子でソリ遊びを楽しんだり、兄弟姉妹で雪合戦に夢中になったり、スタッフの青年達と思いっきりはしゃぎ回る姿が見られました

自然の中で神様の愛を体感し、家族にとっても良い交流の場となり、みんなと一緒に素晴らしい時間を共有できたことを深く感謝する1日となりました。

写真2 写真3

山水苑倶楽部ゴルフ大会 (2017/1/11 山口協議会)

写真1

1月11日、宇部72カントリークラブ江畑池コースにおいて、初めての方2名を含む17名が参加し、「第23回山口山水苑倶楽部ゴルフ大会」を開催しました。

冷たい風が吹く中でしたが快晴に恵まれ、始球式に続き開会式を行い、競技をスタートしました。

今回、初めて岩国から女性も参加されて、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮して、好プレーや珍プレーに湧くなど、お互いが全力を出し合いながら、有意義な1日を過ごすことができました。

参加者からは、「23回を数えて気心も知れた仲間とゴルフができて楽しい1日を過ごせました。」「毎回、やるたびに、ゴルフは難しいと感じます。次回は優勝できるように頑張りたいと思います」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

クリスマスフェスティバル (2016/12/25 東広島協議会)

写真1

12月25日、福山支部では、福山市東部市民センター・大ホールにおいて、100組の家族連れなど初めての方11名を含む240名が参加し、「クリスマスフェスティバル in 福山」を開催しました。

はじめに、女性コーラス、小学生の合奏、青年バンドの演奏が披露された後、市会議員2名から祝辞を頂きました。


写真2

次に、常任顧問のクリスマスメッセージの後、幼児・小学生の歌と踊り、壮年コーラス、青年ダンスと続き、最後は、大ビンゴゲーム大会で盛り上がり、全体で記念写真に収まり、大人から子供まで一緒に楽しく過ごすことができた、クリスマスの1日となりました。


尾道写真1

尾道支部でも、30組の家族連れなど初めての方6名を含む76名が参加し、「ファミリークリスマス2016」を開催しました。

第1部は、婦人部によるハンドベル演奏で始まり、原田顧問によるクリスマスメッセージがありました。

第2部は、尾道支部2016年の歩みの映像を視聴した後、ケーキカットと乾杯に続き、美味しい料理をいただきました。

その後、子供たちの合唱と壮年の独唱、会員家庭による演奏、紙芝居などのエンターテインメントで楽しみました。

参加者からは、「クリスマスの意味を知らずに過ごしている私でしたが、顧問の話を聞いて、その意味が分かりました。ありがとうございました。」「いつもとは違う場所で気分も変わり、楽しませていただきました」などの声が聞かれました。

尾道写真2 尾道写真3

ファミリーバーベキュー会 (2016/11/23 西広島協議会)

写真1

11月23日、広島市三滝少年自然の家において、20組の家族連れなど96名が参加し、「広島・中央学生部ファミリーバーベキュー会」を開催しました。

家族ごとの交流の機会として、学生達だけでなく父母会も協力し、父親達も企画に参加し、当日を迎えました。

お父さん達が、材料をまとめて準備し火をおこし、お母さん達や子供達も協力して野菜などを切っていきました。

写真2

その後、お肉を焼いたり、焼きそばを作ったりして、いくつかの家庭でグループになりテーブルを囲み、自然の中で、バーベキューを楽しみました。

途中、○×ゲームなどを楽しみ、食後には、子供達が、自然の中やアスレチックでのびのびと遊ぶ姿が見られました。

少し寒い日でしたが、雨が降ることもなく、多くの家庭が参加して交流ができて、とても有意義な1日となりました。

参加者からは、「初めての企画で新鮮でした。焼き肉がおいしかったです。」「支部顧問が来られ、良い交流ができました。」「皆が手分けして準備や後片付けをしてくれてとても手際よくできました」などの声が聞かれました。

写真3 写真4

ピースサイクリング (2016/11/13 東広島協議会)

写真1

11月13日天候に恵まれ、青年や中高生など13名が参加し、世界平和を願い「しまなみ海道 Peace Cycling」をYFWP東広島と共催しました。

午前9時半に尾道港に到着し、そこで自転車を借りて、午前10時に出発しました。まずはフェリーに乗って尾道港から向島へ渡り、天気も良く清々しい中で、街並みや景色を楽しみながら、とても気持ち良く走ることができました。

因島大橋を渡って、途中で休憩を挟みながら更に走り、生口橋を渡りました。スーパーへ寄った後、そこから少し走った海沿いのテトラポットの上で、海を眺めながらお昼を皆でいただくのは、とても気持ち良く楽しい一時でした。

写真2

昼食後は、生口島の耕三寺で観光をするコースと、更に進んで大三島まで行くコースの二手に分かれました。耕三寺では、紅葉を楽しんだり、スタンプラリーをするなど、観光の時間を満喫しました。大三島まで行った人達は、多々羅大橋を渡って、多々羅展望台からの眺望も楽しめました。

耕三寺での観光を終えて、スタート地点の尾道へ向かい、途中で大三島まで行ったメンバー達も追いついてきて、最後は皆で一緒に尾道まで帰ってきましたが、ちょうど夕暮れ時で、とても綺麗な夕日を見ることもできました。

写真3

大三島までは往復80キロ、耕三寺までは往復60キロの距離を走行し、帰りは皆でお風呂に入って疲れを癒やしました。

今回は、平和について考えながら行ったサイクリングで、今、世界で起きてる出来事はとても平和だと思えないことが多いですが、サイクリングをしながら綺麗な風景を眺め、その場で出会った人達と挨拶を交わしながら過ごしている私達は、とても恵まれていることを感じます。平和な世界が早く来るよう祈願しながら、私達からも平和を発信していけるようにしていきたいと思います。

ファミリー運動会 (2016/11/6 東広島協議会)

写真1

11月6日、尾道マリンユースセンター・体育館において、70組の家族連れなど初めての方10名を含む210名が参加し、「東広島ファミリー大運動会」を開催しました。

午前10時半に開会。主催者挨拶に始まり、東軍と西軍に分かれて、午前中は、幼児と小学生による徒競走、中高生の障害物競争、夫婦や親子による二人三脚や60歳以上のシニアによるボール送り競争など、大人から子供までが競技を楽しみました。

写真2

午後からは、ソフトバレーボールや綱引きなどで、熱烈な声援が送られる中、白熱した展開となり、最後は年代別リレーで、会場全体がさらに盛り上がる中、競技を終了しました。

閉会式では、表彰式の後、全体で記念写真を撮り解散となりました。


写真3 写真4

ファミリーフェスティバル (2016/10/16 東広島協議会)

写真1

10月16日、福山市西部市民センターにおいて、190組の家族連れなど初めての方62名を含む470名が参加し、「第13回ファミリーフェスティバル in 東広島」を開催しました。

午後1時に開会。はじめに、韓国民族舞踊団の「サムルノリ・モルゲ」の特別公演があり、迫力ある演奏と巧みな演技に観客は魅了されました。

次に、主催者挨拶に続き来賓から祝辞をいただいた後、佐々木一成講師による『しあわせ家族のつくり方』と題した講演があり、結婚と家族の大切さを分かりやすく語って下さいました。

休憩をはさんで、合唱団によるコーラスなどエンターテインメントが繰り広げられ、最後は大抽選会で盛り上がる中、午後3時半にフェスティバルの幕を閉じました。

初めての参加者からは、「モルゲの公演も佐々木講師の講演もとても良かったです。いい一日でした。誘ってくれたお父さんに感謝しています」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

ファミリー・いも掘り体験 (2016/10/15 東広島協議会)

10月15日、福山支部では、神石高原町の会員の畑において、8組の家族連れなど28名が参加し、「第5回ファミリー・いも掘り体験」を開催しました。

5月に植え付けた苗が育ち、実った沢山のサツマイモを泥だらけになりながら皆で収穫しました。

収穫したサツマイモは、親子で協力して芋ご版を作り、昼食には、芋ご飯の他に、豚汁や焼き芋等、お母さん達の手料理を楽しくお腹一杯いただきました。

作業の合い間には、カエルやイモリと遊ぶなど、自然に触れながら素晴らしい秋の1日を過ごすことができました。

写真1  写真2

ファミリー釣り大会 (2016/10/15 鳥取協議会)

10月15日、好天に恵まれ、鳥取市の賀露港において、2組の家族連れなど初めての方3名を含む10名が参加し、「2016 APTF鳥取 釣り秋季大会」を開催しました。

5年ぶりに参加された婦人は、今回、新しく購入した釣り竿で、昼前に51センチのボラを釣り上げて、大物賞を獲得し、日頃のストレスを発散している様子でした。

それを見た小学2年生のお子さんが、「釣るまでは帰らない」とお母さんを困らせる姿も見られるほど、初めての方も含め、皆で釣りを楽しむことができました。

写真1 写真2

秋の壮年研修会 (2016/10/2 東広島協議会)

写真1

10月2日、尾道市の尾道ふれあいの里において、2組の夫婦連れなど67名が参加し、「東広島・秋の壮年研修会」を開催しました。

午前10時に開会し、光永一也講師の講義に続き、今回の新しい試みとして、7つのテーマでグループを分け、ディスカッションの時間を持ちました。

午後からは、可知雅之講師を迎えて、「人類一家族世界はいかにして創建されるか」と題して、熱く語っていただき、皆が感動し、深い決意を持って出発する時間となりました。

写真2 写真3

ファミリーフィッシング大会 (2016/9/22 山口協議会)

写真1

9月22日秋分の日、長門市の仙崎人工島において、21組の家族連れなど初めての方6名を含む77名が参加し、「県西部ファミリーフィッシング大会」を開催しました。

朝7時半より開会式と釣り教室の後、一斉に竿を出してサビキ釣りや投げ釣りなどで大物を狙いました。

小アジや黒鯛、メジナ、カサゴ、ベラなど多くの釣果があり、大物賞は28センチのメジナ、大漁賞は一人で351匹も釣り上げ、子供から大人まで大満足でした。

写真2

曇り空でしたが、全身に潮風を受け自然を感じながら、和気あいあいと釣りを楽しみ、家族の絆を深めることができました。

参加者からは、「毎回参加していますが、今年は潮が良いのか沢山の魚が釣れて楽しかったです。一緒に来た子供も生きた魚に触れて喜んでいました。来年も是非参加したいです。」「今日はおじいちゃんと子供達5人で参加しました。釣りは大人から子供までみんなで楽しめるところが良いですね。潮風が気持ちよく、今日釣った魚で夕食を囲みます」など喜びの声が聞かれました。

写真3 写真4

山水苑倶楽部ゴルフ大会 (2016/9/14 山口協議会)

写真1

9月14日、山口市の湯田カントリー倶楽部において、13名が参加し、「山口山水苑倶楽部第21回ゴルフ大会」を開催しました。

ゴルフ好きの壮年が中心となり、2か月に1回ゴルフ大会を行いながら親睦を図っています。

当日は曇り空の中、コースに出るのは数回という経験の少ない初心者からシングルのベテランまで和気あいあいとプレーを楽しみました。

参加者からは、「中々練習にいけないのですが、コースでプレーできるのが楽しみで毎回参加しています。今日は気の合うメンバーと楽しく過ごせて良かったです。」「自然の中でプレーができて気持ちがリフレッシュできました。日頃会えない仲間とお互いに交流ができて良かったです。ゴルフを始めてから健康になりました」などの感想が聞かれました。

写真2 写真3 写真4

夫婦ボウリング大会 (2016/9/11 東広島協議会)

写真1

9月11日、福山支部では、キャッスルボウル福山において、12組の夫婦が参加し、「夫婦ボウリング大会」を開催しました。

午後1時半に集合し、朴洸烈代表顧問の主催者挨拶の後、6レーンに分かれてゲームを開始しました。

ルールは、夫婦で一投づつ交互にボールを投げて、3ゲームを競い合うのですが、最初にそれぞれの夫婦で「目標得点」を決めて、その目標に一番近かった夫婦から順位が決定されます。

一人で行うのと違い、夫婦が協力し合わないと得点が上がらないようになっており、競技中は、どの夫婦もいつになく真剣に取り組み、あちらこちらで歓声が上がり、夫婦や家庭同士にとって、日常では味わえない、貴重な良き交流の時間となりました。

写真2 写真3

ファミリーそうめん流し&芋畑の手入れ (2016/8/20 東広島協議会)

写真1

8月20日、福山支部では、神石高原町において、16組の家族連れなど30名が参加し、「第5回ファミリーそうめん流しと芋畑の手入れ(草取り)イベント」を開催しました。

豊かな自然の中で、時折吹く山からの心地良い風に癒やされながら、午前中は祖父母から幼児まで、皆で協力して芋畑の草取りに精を出しました


写真2

午後からは、お父さんたちが手作りした竹の樋を使ってのそうめん流し。うずらの卵やミニトマト、ゼリーも流れる、楽しいそうめん流しに子供たちは大歓声!

その後、綿あめやかき氷、すいか割りなど、夏ならではの楽しい企画満載で、会員たちは楽しい交流の時間をたっぷり過ごすことができました。


写真3 写真4

学生バーベキュー交流会 (2016/8/2 東広島協議会)

写真1

8月2日天候に恵まれ、今治市の多々羅キャンプ場において、14名の中高生が参加し、「学生バーベキュー交流会」を開催しました。

現地に到着後、男子と女子に分かれてバーベキューの準備を開始し、男子は炭で火をおこし、女子は野菜やお肉を切っていきました。

準備が整ったところで、さっそくバーベキューの開始です。炎天下のせいか、すぐにお腹がいっぱいになってしまいましたが、海辺でのバーベキューはとても美味しいものでした。

写真2

お腹を満たした後には、目の前の海で、持参してきた浮き輪などで楽しく遊び、砂浜で一生懸命にお城を作っている姿は、童心に帰ったような、とても開放的な雰囲気でした。

また、男子はネットを張ってビーチボールに興じ、砂浜で足が思うように動かず大変そうでしたが、それでも皆笑顔で楽しんでいました。

その後、皆でスイカ割り。目隠しをして数回回っただけでフラフラになって、すぐにこけてしまう人もいれば、全く影響がないくらいに真っ直ぐ進んでいく人など、とても個性が豊かで、その様子は本当に面白く、お腹が痛くなるくらいの大爆笑でした。

2チームに分かれての対抗戦だったのですが、2人ほどスイカに当たりながらも割れずに、最後の最後で挑戦した人が綺麗に割るという劇的な結末でした。

その後、割れたスイカを皆で切り分けて、浜辺で美味しくいただき、最後に、海でもう一遊びした後、片付けをして無事に帰路につきました。

写真3 写真4

青年キャンプ交流会 (2016/7/9-10 東広島協議会)

写真1

7月9日から10日、天候に恵まれ、今治市の大三島にある多々羅キャンプ場において、12名が参加し、「青年キャンプ交流会」を実施しました。

海が見える開放感のある景色の良い場所で、正午前に到着し、はじめにバーベキュー。

お腹が満たされた後は、目の前の海で泳いだり、ビーチバレーをしたりして楽しみ、その後、スイカ割りでは、2チームに分かれて、目隠しをしたままバットを軸に10回転し、スイカを割るというルールで、大いに盛り上がり、みんな大爆笑でした。

写真2

勝敗はつきましたが、皆で楽しめ、スイカも美味しくいただくことができ大満足でした。

楽しい時間を過ごした後は、夕食のカレーライスの準備。スイカ割りの敗者が、ご飯を炊いたりカレーを作ったりする担当で、勝者はテントを張るという2つの班に分かれて作業しました。

食後は温泉へ行き、1日の汗を綺麗に流し、疲れを癒やす時間となり、夜には海岸で花火を楽しみました。

翌日は、しまなみ海道をサイクリング。青空が広がり、絶好のサイクリング日和で、大三島から今治まで大三島橋、伯方・大島大橋、来島海峡大橋の3つの橋を渡り、全長約60キロの距離を、全員が無事に完走することができ、日頃のストレスからも解放されました。

開放感のある綺麗な自然の中で、楽しく交流し良い時間をもつことができましたので、また来年ももっと多くの人を誘い参加したいとの声が聞かれました。

写真3 写真4

山水苑しまなみクラブ釣り大会 (2016/6/19 東広島協議会)

6月19日、福山市内海町田島において、夫婦連れなど20名が参加し、「第12回山水苑しまなみクラブ釣り大会」を開催しました。

今回は、3隻の船に乗船しての船釣りで、朝から土砂降りの大雨で開催が危ぶまれましたが、次第に雨も上がり釣れ始め、各自の釣果も上がり、船釣りを存分に楽しむことができた1日となりました。

写真1  写真2  写真3

家庭教育セミナー (2016/6/15 東広島協議会)

写真

6月15日、尾道支部では、しまなみ交流館において、初めての方2名を含む17名が参加し、「家庭教育セミナー」を開催しました。

宮田太郎先生の講演では、最近の出来事の解説や、多くの具体例をあげて、感謝する心の持ち方について、わかりやすく語られました。

参加者からは、「自分の思いでは、どうにもならないこともあるのだと痛感しました。」「もっと夫のことを、分かってあげられるようになりたいですし、自分の考えを押し付けないようにしたいと思いました」などの感想が聞かれました。


ファミリー清掃ボランティア (2016/5/29 島根協議会)

写真1

5月29日、浜田支部では、浜田海浜公園において、5組の家族連れなど初めての方1名を含む16名が参加し、「浜田ファミリークラブ奉仕活動」を実施しました。

雨の降るあいにくの天候で足場が悪く、さらに傘を差しながらの作業でしたので、ゴミを集めるのに時間がかかり大変でしたが、特に子供たちが積極的に活動してくれて、軽トラ1台分ものゴミを回収することができました。


写真2 写真3

ファミリーさつまいも植え付けイベント (2016/5/21 東広島協議会)

写真1

新緑の5月21日、福山支部では、山間の自然豊かな神石高原町の会員の畑において、8組の家族連れなど25名が参加し、「第5回ファミリーさつまいもの植え付けイベント」を開催しました。

10時過ぎには現地に到着し、手順に沿って役割を分担し、150坪の畑に300本のさつまいもの苗を親子で植え付けていきました。

お昼には、お母さんたちによる手作りカレーと畑を提供して下さった奥様の手料理をみんなで美味しくいただきました。

午後からは、付近の山を散策して自然を満喫した後、再びみんなでかき氷をいただきながら、にぎやかに楽しく交流した後、楽しい思い出と共に無事に帰路につきました。

写真2 写真3

ファミリー清掃ボランティア (2016/4/24 島根協議会)

4月24日、浜田支部では、3組の家族連れなど14名が参加し、浜田海浜公園の清掃ボランティアを行い、軽トラ1台分のゴミを回収しました。

重機が入り作業の途中だったようで、足元が凸凹していて、ならしてなくて大変でしたが、月1回の活動で、子供たちも参加し、良き家族交流の場にもなっています。

写真1  写真2

ファミリー清掃ボランティア (2016/3/27 島根協議会)

3月27日、浜田支部では、浜田海浜公園において、3組の家族連れなど16名が参加し、「浜田ファミリークラブ奉仕活動」を実施し、軽トラ1台分のゴミを回収することができました。

参加者からは、「今回は、ゴミが砂に埋まり、取りにくくて大変でした」などの声も聞かれる中、月1回の活動ですが、長年継続しており、良き家族交流の場にもなっています。

写真1  写真2

春の壮年研修会 (2016/3/21 東広島協議会)

写真1

3月21日、尾道市の尾道ふれあいの里において、8組の家族連れなど61名が参加し、「東広島・春の壮年研修会」を開催しました。

三原支部の壮年グループと福山ハッピーボイスの歌に始まり、朴常任顧問から激励の挨拶をいただき、井上福山支部長の活動報告の後、横田浩一先生の講話がありました。

昼食後には、グラウンドゴルフを1時間ほど楽しみ、表彰式では、優勝から7位まで賞品が授与され、最後に、記念撮影をして午後3時に終了となりました。

写真2 写真3

ボウリング大会 (2016/3/11 東広島協議会)

3月11日、福山支部では、コロナキャットボウルにおいて、12名が参加し、「新春青年ボウリング大会」を開催しました。

午後8時、仕事を終えたメンバー達が集合し、1チーム3人の対抗戦で競技を開始し、女性には1人あたり20点のハンディを与え、3ゲーム毎にチームの合計点数で競い合いました。

最終的に、7ゲームをやり終えた時には、0時を過ぎていましたが、みな疲れた様子もなく、充実感と喜びにあふれて帰路につきました。

写真1  写真2

施設訪問ボランティア (2016/3/10 北広島協議会)

写真1

3月10日、呉支部では、「オレンジクラブ」と「Koelのえほん会」の7名が、市内の老人ホームを訪問しました。

入所者や職員など47名が集う中、手遊びや歌、踊りなど、絵本の内容をわかりやすく、形や歌にして表現することで、初めは無表情だった入所者の方も、次第に表情が豊かになり、歌を一緒に歌うなど、笑顔や声が良く出るようになりました。


写真2

重度の人達ばかりでしたので、「あなた達の笑顔を見るだけで元気になれるわ!」と、施設長も本当に喜んで下さいました。これからも、継続して2か月に1度は訪問してまいります。

参加者からは、「準備をしていく中で、ボランティアのお母さん達と一緒に話をして作業をしてきましたが、それがお互いの交流の場となっていて、子育てなどの相談ができて良かったです」などの声も聞かれました。

ファミリー餅つきイベント (2016/3/6 東広島協議会)

写真1

3月6日、福山支部では、25組の家族連れなど100名が参加し、「ファミリー餅つきイベント」を開催しました。

前日は、壮年部が中心となり約10名で会場準備をして、当日は、午前9時半に集まり、壮年婦人や青年など20名ほどで、約14升(約30キロ)のもち米を蒸しました。

そして、3分の2は機械で、3分の1は石臼でつきましたが、特に、石臼は夫婦や親子など、家族で一緒についてもらいました。

700個のお餅が作られ、「あんこもち」や「きなこもち」にして、みんなで美味しくいただき、最後に記念撮影、餅つきを通した良きふれあいと交流の場となりました。

写真2  写真3  写真4

ファミリー清掃ボランティア (2016/2/28 島根協議会)

2月28日、浜田支部では、浜田海浜公園において、4組の家族連れなど14名が参加し、「浜田ファミリークラブ奉仕活動」を実施しました。

砂地ですので、大きなゴミなどを車で回収できる所まで運ぶのが大仕事で大変でしたが、みんなで力を合わせ、この日も多くのゴミを回収することができました。

参加者からは、「いつもながらゴミが多いですね。砂浜をもっと綺麗にしたいです」などの声が聞かれました。

写真1  写真2

青年・スノーイベント (2016/1/31 東広島協議会)

写真1

1月31日天候にも恵まれ、庄原市の猫山スキー場において、7名の青年が参加し、「青年・スノーイベント」を開催しました。

現地へ向かう車内でも話し声が絶え間なく、とてもワクワクしている様子でした。到着して準備を済ませた後、今回、初めてスノーボードに挑戦する人が2名いましたので、経験者から教えてもらう時間を持ち、まずは、転び方から学び、数回挑戦するとすぐに滑れるようになりました。

こうして、午前中は滑ることに慣れていくような時間となり、固まった雪の上で何回も転んで、お尻や手袋の中まで濡れてしまいましたが、皆の表情はとても楽しそうでした。

お昼には、食堂で温かい食事をとり、体も温まり、皆で和気あいあいとした時間を持つことができ、午後に向けてエネルギーを補充することができました。

写真2

昼食後には、次の集合時間を決めてそれぞれのペースで滑っていきました。初級者コースや中級者コースなど、初めてスノーボードに挑戦した人も、慣れた様子で楽しんでいました。

終わる頃には、すっかり慣れてきたり、以前の感覚を取り戻してきたりしましたので、もっと滑っていたいという雰囲気でした。最後に、ゲレンデで記念写真を撮って、スキーやスノーボードを終えました。

その後は、近くの温泉へ行き、疲れた体をゆっくりと癒やし、温まることができました。

年に一度のスノーイベントですが、次回はもっと多くの青年たちと一緒に交流できるよう願っています。

ファミリー清掃ボランティア (2016/1/31 島根協議会)

1月31日、浜田支部では、浜田海浜公園において、3組の家族連れなど18名が参加し、「浜田ファミリークラブ奉仕活動」を実施しました。

大きなゴミがあれば、力を合わせて引っ張ってきて、車で回収できる所まで出しています。

砂浜のゴミ拾いは、毎月行っていて、家族の交流の場となっています。

参加者からは、「この時期はゴミが多いですね。綺麗な砂浜になればいいですね」などの声が聞かれました。

写真1  写真2

ファミリーたこづくしイベント (2016/1/23 東広島協議会)

写真1

1月23日、福山支部では、9組の親子連れなど31名が参加し、「ファミリーたこづくしイベント」を開催しました。

毎年、「スノーイベント」として親子で雪山に出かけていましたが、今年は暖冬のため、「凧づくり」と「たこ焼きづくり」をメインにしたイベントとなりました。

開会式では、金斗衡議長が「親子で一つのことをする、親の為に生きて感謝することの大切さ」について、語って下さいました。

写真2

その後、親子で凧作りをして、芦田川へ行きましたが、風も適度に吹いて凧も良く揚がりました。

午後からは、親子で、たこ焼き作りとおにぎり作りにチャレンジしました。子供たちには、初めてのたこ焼き作りでしたが、お母さんやお友だちに聞きながら楽しく作りました。

最後に、ぜんざいをみんなで美味しくいただいて、心もお腹も満たされた大満足の1日となりました。

写真3 写真4

山水苑ゴルフ大会 (2016/1/20 山口協議会)

写真1

1月20日、宇部72カントリークラブ万年池西コースにおいて、13名が参加し、「山口山水苑倶楽部第17回ゴルフ大会」を開催しました。

寒気団が南下し、コースにも雪が積もり、スタートが1時間も遅れて心配しましたが、天候が回復して日差しがのぞく中、気心の知れたメンバーで実力を発揮できた人、運に恵まれない人など、和気あいあいとプレーを楽しみました。

写真2

今回は、練習を重ねて初めて優勝を飾った壮年がスピーチをして、大会を締めくくりました。

参加者からは、「雪が積もっていてハラハラしましたが、晴れ間ものぞき、楽しくプレーできました。念願の優勝ができて、大変うれしく思います。」「今回の結果は散々でしたが、皆の元気な顔が見られたのと、お互いの近況や様子がわかって良かったです。ゴルフは山あり、谷ありで人生そのものです。技術も大切ですが、内面も鍛えられて素晴らしいスポーツだと思います」などの声が聞かれました。


ゴルフ大会 (2016/1/11 山口協議会)

写真

1月11日、山口宇部支部では、アイランドガーデン宇部において、12名が参加し、「第2回宇部支部好友会ゴルフ大会」を開催しました。

ゴルフ好きの壮年が中心となって、毎月2回、ゴルフの練習会をしながら交流しています。

当日は、天候に恵まれて暖かな日差しの中、日頃の練習の成果を出そうと技を競い合い、コースに出る経験のない人からシングルのベテランまで、和気あいあいとプレーを楽しみました。

参加者からは、「日頃は曜日を決めて練習会を行っていますが、コースでプレーしないと、どれ位上達しているかわかりませんので、今日は気の合うメンバーと楽しく過ごせ、自分のレベルもわかりました。」「プレーをしながら、お互いの近況などの話ができて良かったです。」「ゴルフを通して連帯感が生まれ、次回の開催が待ち遠しく思いました」などの感想が聞かれました。


ファミリー清掃ボランティア (2015/12/6 島根協議会)

写真1

12月6日、浜田支部では、浜田海浜公園において、7組の家族連れなど21名が参加し、「浜田ファミリークラブ奉仕活動」を実施しました。

風が少し強くて寒かったのですが、小さな物から大きな物、海外から流れ着いたと思われるゴミまで、皆で一生懸命に拾い集めました。

清掃終了後には、公園内のドングリ拾いをして、楽しい家族交流の場となりました。

写真2 写真3

壮年忘年会 (2015/12/4 鳥取協議会)

写真

12月4日、鳥取支部では、4組の家族連れなど45名が参加し、「2015年壮年忘年会」を開催しました。

支部前の駐車場での野外バーベキューには、3人の奥さんが応援に駆けつけて下さり、かに汁をはじめ、焼きそばやサラダ、ねぎの豚肉巻き、おにぎりなど盛り沢山で、とても美味しくいただきました。

食後は、室内でカラオケ大会に興じ、普段は歌わない壮年も歌を披露して拍手喝采を受けるなど、楽しい交流の時間となりました。

ファミリー清掃ボランティア (2015/11/22 島根協議会)

写真1

11月22日、浜田支部では、浜田海浜公園において、6組の家族連れなど23名が参加し、「浜田ファミリークラブ奉仕活動」を実施しました。

先月に続き、風の強い日で、砂が飛んできて大変でしたが、皆で黙々と一生懸命にゴミを拾い集めた結果、回収されたゴミは、軽トラック1台分にもなり、参加者からは、「今日は家族参加が多かったので、いい雰囲気でしたね!」などの声も聞かれ、充実した奉仕活動となりました。

写真2 写真3

山水苑ゴルフコンペ (2015/11/3 鳥取協議会)

11月3日、倉吉ゴルフ倶楽部において、有識者3名を含む11名が参加し、「第4回鳥取山水苑ゴルフコンペ大会」を開催しました。

晩秋の空の下で、お互いに真摯なプレイをしながら、親睦を深めることができ、朴用浩議長が82のスコアで最高得点となりましたが、ハンディ計算で惜しくも2位となり、来春の巻き返しを決意していました。

参加者からは、「年2回のゴルフコンペを通して、難しい場面であればあるほど、謙虚に素直な心でプレイをすれば良くなり、反対に自己中心的な思いだとミスになることが多くありました。参加する度に、ゴルフの奥深さを感じました」などの感想が聞かれました。

写真1 写真2

しまなみ海道サイクリング (2015/11/3 東広島協議会)

写真1

11月3日、福山支部では、10名が参加し、しまなみ海道をサイクリングしました。

生口島のサンセットビーチに到着し、それぞれに合った自転車を選び、出発の準備を整え、皆で勢いよく出発しました。

今回のコースはしまなみ海道ということで、出発するとすぐに綺麗な海の景色を横に見ながら走ることができました。

午前中は、生口島から大三島、伯方島そして大島までの約25キロの道のりを走りましたが、それぞれの島の間に架かる橋を渡るためには、そこまで坂道を登らなければなりません。

写真2

昼食は、大島のバラ公園で、前日に準備したお弁当を皆で一緒にいただき、色とりどりのバラに囲まれながらの食事はとても気持ちが良く、美味しさも格別に増したようでした。

食後には、公園内のアスレチックで遊ぶ人もいて、まだまだ体力が有り余っている様子でした。綺麗な噴水の前で記念写真を撮りました。

エネルギーを補充した後、午後からは大島から生口島までの復路を走りました。景色の良い場所で写真を撮ったり、道の駅でソフトクリームを食べたりしながら、坂道ではさすがに大変そうな人もいましたが、励まし合い協力し合いながら、一体化を感じつつ、全員で楽しく完走することができました。

生口島の目的地に到着すると、皆、走り終わった達成感ですがすがしい表情でした。今回は議長を中心として交流を深め、限界に挑戦し、自然に触れながらの、とても貴重な1日となりました。

写真3 写真4

ファミリー清掃ボランティア (2015/10/25 島根協議会)

10月25日、浜田支部では、浜田海浜公園において、2組の家族連れなど10名が参加し、「浜田ファミリークラブ奉仕活動」を実施しました。

風が強く砂が飛んできて大変でしたが、皆で黙々と大きなものから小さなものまで、一生懸命に拾い集めた結果、軽トラック1台分ものゴミを回収することができました。

参加者からは、「風が強くゴミ袋が飛ばされそうで大変でした。」「砂が目に入り、やりにくかったですが、頑張りました!」などの感想が聞かれました。

写真1  写真2

ファミリー清掃ボランティア (2015/10/18 鳥取協議会)

写真1

10月18日、3組の親子連れなど16名で、鳥取駅周辺道路の清掃ボランティアを行いました。

みんなで1時間ほど活動した結果、タバコの吸い殻98本の他、紙に包むことなく捨てられていたガムを3か所で拾い集めることができました。

<参加した小学生の声>

・ガムがそのまま捨ててあり、汚くて残念に思いました。

写真2 写真3

釣り大会 (2015/10/17 鳥取協議会)

写真1

10月17日、鳥取賀露港沖合一文字突堤において、夫婦連れなど20名が参加し、「2015 APTF鳥取 釣り秋季大会」を開催しました。

県内各地から青年や壮年婦人、さらに神戸から特別ゲストとして、地区長を迎えて楽しく盛り上がりました。

たくさんの小鯛が釣れ、最大は16センチのアジで、参加者からは、「大物賞を狙いましたが、1ミリの差で準優勝となりとても残念でした。次回はもっと頑張りたいです」などの感想が聞かれました。

写真2 写真3

カップルセミナー家族親睦会 (2015/10/17 西広島協議会)

写真1

10月17日、廿日市市のアルカディア・ビレッジにおいて、7組の夫婦など17名が参加し、「カップルセミナー家族親睦会」を開催しました。

広島支部では、真の家庭運動推進のため、毎月、夫婦間交流や家庭観について学びを深めています。

今回は、家族親睦会を開き、バーベキューをしながら、面識の少なかった家庭の間にも話の花が咲き、クイズゲームの時間になると、無口な壮年も大笑いしながら楽しみました。

最後に、温泉にも入り、心身共にリフレッシュできた、とても有意義な親睦会となりました。

みんなの笑顔があふれ、「また会いましょう!今度は釣りに行きましょう!」と別れを惜しむ姿が見られ、夫婦愛を見つめて素晴らしい家庭をつくろうという、一つのテーマのもとに集まった参加者は、活力を得て帰路につきました。

参加者からは、「いつもは講義が中心で、家庭同士の交流は少ないのですが、今回は、親睦会なのでたくさん友達ができました。」「お腹もいっぱい、クイズの賞品もいっぱい、笑いもいっぱい。そして、温泉にもつかってすっかり癒やされました。」「2人でこんなに笑ったのは久しぶりでした」などの感想が聞かれました。

写真2 写真3

ファミリーグラウンドゴルフ大会 (2015/10/11 鳥取協議会)

10月11日、米子支部では、河川敷に造られた緑豊かな日野川堰運動公園において、家族連れなど33名が参加し、ファミリーグラウンドゴルフ大会を開催しました。

午後2時に開会し、ルール説明の後、下は小学1年生から上は80才まで幅広い層で、家族や会員同士が交流しながら、グラウンドゴルフを楽しみ良き時間を過ごすことができました。

写真1 写真2

秋の花鑑賞交流会 (2015/10/7 北広島協議会)

写真

10月7日秋晴れの下、呉支部では、世羅高原農場において、3組の家族連れなど39名が参加し、「秋の花鑑賞交流会」を開催しました。

車7台が連なって2時間かけて現地に到着しました。たくさんのダリアの花が咲き乱れ、中には人間の顔ほどの大きなものもあり、皆、感動の連続で終始笑顔があふれていました。

外でいただくお弁当もとても美味しくて話もはずみ、良き交流の場となり、心身共にリフレッシュすることのできた一日となりました。

ファミリー清掃ボランティア (2015/10/4 西・北広島協議会合同)

写真1

10月4日秋晴れの下、9組の家族連れなど52名が参加し、広島市安佐南区の古川土手の清掃ボランティアを行いました。

北支部の壮年有志が10年近く活動を続け、広島市からも環境美化の表彰を受けている実績がありますが、今回は、真の家庭国民運動推進広島県会議と共催し、壮年婦人や青年、小学生も熱心に笑顔で積極的にゴミを拾い集め、たくさんのゴミ袋が満杯となりました。

清掃後には、ミニリサイタルとして、家庭というテーマに相応しいオリジナル曲2曲が披露され、心和むひと時となりました。

最後に、家族で駆けつけて下さった県議会議員から、活動に対する激励と今後の発展を祈念する旨の言葉を頂き、終了となりました。

<参加者の感想>

  • 本日の活動が、私を含め皆様にとってとても有意義な内容であり、また私自身ももっと勉強をして、真の家庭というものの本質を捉え、実践していけるよう努力をして参りたいと思います。 (県議会議員)
  • みんなの笑顔が印象的で、心から奉仕したい、為に生きたいという本心が叫んでいるように感じました。またこのような機会を設けて奉仕実践ができればと思います。
  • この河川は、これまでもわりとキレイに掃除してきましたが、みんなで取り組むと意外とゴミが多く出てきました。私達の心も常にキレイにしていかなければならないことを感じました。
写真2 写真3

ファミリー・いも掘り体験 (2015/10/3 東広島協議会)

写真1

10月3日、福山支部では、神石高原町の会員の畑において、16組の家族連れなど40名が参加し、「第4回ファミリー・いも掘り体験」を開催しました。

車で福山を8時半に出発し、現地には10時過ぎに到着しました。はじめに、畑を提供して下さっている御主人の挨拶の後、全体スケジュールや注意事項の説明を受け、春に苗を植えた畑に向かい、みんなで協力して、沢山のサツマイモを掘り上げました。

お昼には、父母達が協力して作った豚汁や芋ご飯、栗ご飯をいただき、秋の味覚を囲みながら、親子や会員同士の交流を深めることができました。

昼食後は、山へ散策に行き、蛇が蛙を飲み込んでいる姿を目撃したり、落ちている毬栗をさわったり、アップダウンの山道を進み、体いっぱいに自然を感じる貴重な体験をすることができました。

帰りには、新米やカボチャ、自分達で掘ったサツマイモのお土産をたくさんいただき、皆、笑顔で帰路につきました。

写真2 写真3

ファミリー清掃ボランティア (2015/9/27 島根協議会)

9月27日、浜田支部では、浜田海浜公園において、3組の家族連れなど14名が参加し、「浜田ファミリークラブ奉仕活動」を実施しました。

台風の影響もあり、大きいゴミも流れ着いていて、暑い中を皆で黙々と拾い集めた結果、軽トラック1台分ものゴミが回収されました。

写真1  写真2

秋の壮年研修会 (2015/9/21 東広島協議会)

写真1

9月21日、福山ビッグローズにおいて、6組の夫婦など58名が参加し、「東広島・秋の壮年研修会」を開催しました。

午前10時に開会し、原田副議長から激励の挨拶をいただいた後、小学校教諭から「江戸しぐさと学級づくり」と題して、学校現場での人格教育についての発表がありました。

次に、熊原支部長の活動報告の後、佐野清志講師から幅広い内容の講話をいただきました。

昼食後は、福山市グラウンド・ゴルフ場に移動し、秋晴れの下、和気あいあいとグラウンドゴルフを楽しみました。

最後に、表彰と記念撮影を行い、午後3時半に全てのスケジュールを終了し、それぞれの決意を胸に帰路につきました。

写真2 写真3

ファミリー清掃ボランティア (2015/9/20 鳥取協議会)

写真

9月20日、4組の親子連れなど20名で鳥取駅周辺道路の清掃ボランティアを行いました。

初めて参加した小学1年生の親子が会話しながら、楽しそうにゴミ拾いをする姿が見られ、皆が頑張って汗を流した結果、タバコの吸い殻156本など多くのゴミを回収することができました。

参加者からは、「暑かったけど頑張りました。(小3)」「お父さんと一緒にやれて楽しかったです。(小1)」などの感想が聞かれました。

ファミリー清掃ボランティア (2015/9/5 島根協議会)

写真1

9月5日、松江支部では、ボランティア団体「朝酌川を美しくする会」と共催し、親子連れなど10名で、朝酌川(あさくみがわ)の土手の草刈りを行いました。

朝酌川は、松江市の代表的な河川で、近隣の方々の散歩コースになっていて、春には桜並木がとてもきれいな所です。

「朝酌川を美しくする会」は松江市河川愛護団に登録し、松江市からの援助を受けて活動しており、草刈りエリアは全長300メートルの長さがありますが、メンバー達の日頃の献身的な努力により、とてもきれいな散歩コースになっています。

写真2

この草刈りボランティアは、今年で7年目になりますが、作業後には、近所の皆さんから感謝の言葉をかけていただき、喜んで下さっていますので、継続してさらに頑張ってまいります。

参加者からは、「普段あまり話をしない息子と一緒に親子で汗を流しながら草刈り作業をすることができ、作業後も親子で楽しい会話を交わすことができて、とてもうれしく思いました(50代男性)」などの感想が聞かれました。

理想家庭講演会 (2015/8/26 東広島協議会)

写真

8月26日、尾道支部では、尾道国際ホテルにおいて、初めての方2名を含む22名が参加し、「幸せな理想家庭を目指して」と題した講演会を開催しました。

宮田太郎先生の講演では、最近の出来事の解説や、本の朗読を通して、皆が色々と考えさせられる内容でした。

最後に、『涙の数だけ大きくなれる』の中から、「母の足」(ある企業の面接試験の話)を読みあげて、閉会となりました。

参加者からは、「母の苦労を受け止め、許していくことが大切だと思いました。全ては私自身が問題であり、家系(血統)を良く知る必要があると思いました。」「掃除をして、新しい風を吹かせたいと思います」などの感想が聞かれました。


ファミリーそうめん流し&芋畑の手入れ (2015/7/25 東広島協議会)

写真1

7月25日、福山支部では、神石高原町において、13組の家族連れなど34名が参加し、「ファミリーそうめん流し&芋畑の手入れ(草取り)イベント」を開催しました。

父母の運転するマイクロバス1台に乗り、8時半に福山を出発し、その他に自家用車3台も現地で合流し、11時過ぎに到着しました。

5月に植えた芋苗畑の草取りでは、暑い中でしたが、しっかりと水分補給をしながら、子供達は1人が50本の草を抜くという目標を決めて頑張りました。

お昼には、お父さん達が作ってくれたそうめん流しの竹に、そうめんやトマト、ゼリーを流して、楽しみながらお腹いっぱいいただき その後、スイカ割りやかき氷もして皆で美味しくいただきました。

自然の中で、親子の触れ合いと共に、親同士、子供同士のつながりを深めることができ、楽しい夏の思い出を作ることができました。

写真2 写真3

ファミリー清掃ボランティア (2015/7/12 島根協議会)

写真1

7月12日、浜田支部では、親子連れなど19名が参加し、平和公園の清掃ボランティアを行いました。

雨の降るあいにくの天候でしたが、大人も子供も雨にもまけず黙々と、雑草が沢山生えている公園内の草取りとゴミ拾いを行いました。

回を重ねるにつれ、子供達も積極的にボランティア活動を楽しみ、為に生きる精神が育まれています。


写真2 写真3

ファミリー海浜美化活動 (2015/6/21 島根協議会)

写真1

6月21日天候に恵まれ、浜田支部では、浜田海浜公園において、親子や夫婦など16名が参加し、「浜田ファミリークラブ奉仕活動」を開催しました。

ビーチバレーの練習をしている人達を横目に、皆でゴミ拾いに汗を流しました。

参加者からは、「子供達が楽しみにしていて、自然にふれながらゴミ拾いができて良かったです。」「暑かったですが、公園が綺麗になってうれしいです」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

ファミリーグラウンドゴルフ大会 (2015/6/21 東広島協議会)

写真

6月21日父の日、尾道支部では、向島運動公園において、家族連れなど16名が参加し、「尾道ファミリーグラウンドゴルフ大会」を開催しました。

グラウンドゴルフは年齢に関係なく、大人から子供まで楽しめるのが魅力です。

午後2時に会場に集合し、原田副議長の主催者挨拶の後、3組に分かれてゲームを楽しみ、終了後には表彰式がありました。

天候にも恵まれ、楽しく有意義な父の日を過ごすことができました。

理想家庭講演会 (2015/6/18 東広島協議会)

写真

6月18日、尾道支部では、尾道国際ホテルにおいて、初めての方1名を含む22名が参加し、「幸せな理想家庭を目指して」と題した講演会を開催しました。

宮田太郎先生の講演では、最近の出来事の解説や、多くの具体例をあげて、感謝する心の持ち方について、わかりやすく語られました。

参加者からは、「すべてを包み隠さずに話せる子供に育てるようにするには、やはり親の意識が重要だと感じました。その為にも、親である自分自身が、当たり前にすべてを話せる事が大事だと思いました」などの感想が聞かれました。

山水苑しまなみクラブ釣り大会 (2015/6/6 東広島協議会)

6月6日、福山市内海町横島において、家族連れなど24名が参加し、「第11回山水苑しまなみクラブ釣り大会」を開催しました。

毎年恒例の釣り大会ですが、今回は瀬戸内海の島に渡りました。瀬戸内海は年々魚の数が少なくなり、岸からの釣りは釣果がきびしくなっていますが、工夫しながら家族で楽しめる釣り大会にしています。

午後6時に集合し、ルール説明の後、釣りを開始しましたが、夕日が落ちて、空に満天の星が輝く中で、自然と触れ合いながらの夜釣りを楽しむことができました。

午後11時半まで頑張りましたが釣果は今一つでした。計量し1位から9位までが表彰され、優勝は家族で参加した婦人となりました。

写真1  写真2

ファミリーフェスティバル (2015/5/24 東広島協議会)

写真1

5月24日、福山市西部市民センターにおいて、初めての方30名を含む350名の家族連れが参加し、「第12回ファミリーフェスティバル in 東広島」を開催しました。

はじめに、壮年のコーラスグループ『ハッピーボイス』による合唱で始まり、金斗衡議長の主催者挨拶の後、篠崎幸郎講師が、「明るい家庭と永遠の夫婦の絆」というタイトルで、1時間にわたり真の家庭づくりについて語られました。

休憩の後、エンターテインメントとして、青年のバンド演奏や婦人と中高生のコーラスが披露され、最後は抽選会で大変盛り上がる中、フェスティバルの幕を閉じました。

写真2 写真3

ファミリーさつまいも植え付けイベント (2015/5/23 東広島協議会)

写真1

5月23日、福山支部では、神石高原町の会員の畑において、幼児から大人まで30名の家族連れが参加し、さつまいもの植え付け体験をしました。

マイクロバス1台で福山を出発し、10時前に現地へ到着しました。全体スケジュールと注意事項、苗植えの手順説明の後、皆で協力して300本のさつまいもの苗を1本1本植えました。秋の収穫が楽しみです。

お昼は、お母さん達が作って下さったカレーと山菜のおかずを美味しくいただき、その後、みんなで春の山の散策に向かいました。

子供達は、カエルを捕まえたり、大きくなったタケノコの皮をめくって振り回したり、棒切れを拾って持ち歩いたり、山の中を冒険し自然と触れあう、貴重な体験をすることができました。

畑を提供して下さった会員家庭からは、ふきの佃煮やお菓子とジュースをお土産としていただき、うれしく楽しい思い出と共に帰路につきました。

写真2 写真3

廣井孝弘博士 特別講演会 (2015/5/21 西広島・北広島協議会)

写真

5月21日、西広島と北広島協議会では、家族連れなど165名が参加し、「廣井孝弘博士 特別講演会」を開催しました。

小惑星探査機『はやぶさ』プロジェクトチームで、当初から小惑星探査計画に関わってこられ、現在はボストン在住でブラウン大学研究員の廣井孝弘博士を迎え、「はやぶさ・はやぶさ2が解き明かす宇宙創生の謎〜なぜ小惑星の探査をすることに意味があるのか〜」というテーマで講演をしていただきました。

専門的、科学的で高度な内容が多く、予備知識がなければ理解が容易でない部分もありましたが、貴重な体験談や、感動の裏話を開くことができ、2020年頃に地球に帰還する『はやぶさ2』に、一同が思いをはせる時間となりました。

参加者からは、「感動の内容でした。宇宙を探求したい心は誰もが持っていますし、その志を学生時代から持ち続け、貫かれた廣井博士の信念が『はやぶさ』の活躍につながったことを感じました。」「大きな意志を持って物事に取り組む重要性を学びました。宇宙がますます好きになりました。」「今日は貴重な場を準備してくださってありがとうございました。先生の個人的なエピソードを交えてのお話を聞けてうれしい限りでした。今後もこのような機会があればぜひ参加させて頂きたいと思います」などの感想が聞かれました。


ファミリー海浜美化活動 (2015/5/17 島根協議会)

5月17日、浜田支部では、家族連れなど22名が参加し、浜田海浜公園の清掃ボランティアを行いました。

晴天に恵まれ、午前中の集会後に皆で昼食をいただいた後、現地に移動して公園内のゴミを拾い集めました。

参加者からは、「相変わらず漂流ゴミが多く、中には韓国からここまで流れついて驚きました」などの声が聞かれました。

写真1 写真2

ファミリー清掃ボランティア (2015/5/17 鳥取協議会)

5月17日、25名で鳥取駅周辺道路の清掃ボランティアを行いました。

新年度が始まり、新小学1年生3名とその父母が初めて参加してくださり、4チームに分かれてゴミを拾い集めた結果、タバコの吸い殻134本、空き缶13個、ペットボトル3本、空き瓶3個、その他に乾電池などを回収しました。

参加者からは、「タバコがたくさん落ちていたのが残念です。」「暑かったけど頑張りました」などの声が聞かれました。

写真1 写真2 写真3

ファミリーバーベキュー&お楽しみ会 (2015/5/17 東広島協議会)

写真

5月17日晴天に恵まれ、尾道マリン・ユース・センターにおいて、66名の家族連れが参加し、バーベキューとお楽しみ会を実施しました。

支部顧問からのメッセージの後、焼きそばや焼き肉などをいただきながら交流し、その後、青年や学生を中心に『伝言ゲーム』を行い、大変盛り上がり、家族で楽しい時間を過ごすことができました。

参加者からは、「皆さんと外で食事ができてうれしかったです。年に1度はこういった時間も楽しいものです。」「準備して下さった壮年の方に感謝申し上げます。力仕事は主婦にはきついですが、遅ればせながらの『母の日』となりました」などの感想が聞かれました。

朝酌川ファミリーボランティア (2015/5/17 島根協議会)

写真1

5月17日晴天に恵まれ、ボランティア団体「朝酌川を美しくする会」では、松江市の朝酌川(あさくみがわ)周辺において、初めての方12名を含む130名の家族連れなどが参加し、「朝酌川ファミリーボランティア」を開催しました。

今回も、青年達が近隣のお宅に案内のチラシを配布し参加を呼びかけたことで、地域の方々も一緒に清掃ボランティアに参加していただくことができました。

写真2

はじめに、安田公保議長から、「多くの皆様のご協力を得ながら、続いてきたことを本当にうれしく思います。この活動を通してさらに地域社会のために尽くし、より良い町づくりをしてまいりましょう」との挨拶がありました。

その後、3つのグループに分かれて、早朝に壮年有志が草刈り機で刈った雑草をみんなで袋に詰めて回りました。

汗ばむほどの陽気でしたが、1時間ほどの作業の結果、60袋もの量が回収され、公園に再び集合した皆は、すがすがしく明るいさわやかな笑顔で輝いていました。

写真3

記念撮影の後、壮年や青年のメンバー達がフランクフルトやかき氷を作り、また、婦人達が朝早くから用意して下さった心づくしのおにぎりと飲み物も振る舞われ、一汗かいただけに美味しさも加わり、しばらく楽しい歓談がつきませんでした。


<参加者の感想>

  • 初めて参加させていただきましたが、皆さんと力を合わせて清掃ボランティアをすることによって本当にきれいになり、とても楽しく活動することができました。 (40代女性)
  • 家族でよく朝酌川の土手を歩くのですが、ゴミが落ちているのを見つけると日ごろから拾ったりしています。今日は初めての参加でしたが、多くのみなさんと一緒に清掃ボランティアができて本当に良かったです。このイベントがまたあればこれからも参加したいと思います (30代男性)

「真の家庭運動」鳥取スポーツ大会 (2015/5/10 鳥取協議会)

写真1

5月10日、北条町において、会員家族や知人など初めての方38名を含む216名が参加し、スポーツ大会を盛大に開催しました。

競技種目は、サッカー、ソフトバレーボール、ドッジビーで、ドッジビーはドッジボールに似た競技でボールの代わりに円盤の形をしたドッジビーを使います。

準備体操の後、それぞれのコートで熱戦が繰り広げられ、家族の大きな声援を受けながら懸命にプレーする姿が見られました。

日ごろ運動が不足しがちな壮年や婦人たちも、この日ばかりはしっかり体を動かすことができ、また、普段会うことの少ない会員相互の親睦を深め、新しい人たちも交えて楽しく充実した一日となりました。

参加者からは、「競技を通じて支部の結束ができました。」「我が子の活躍に、成長した姿を見られて嬉しかったです」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

青年スポーツ交流会 (2015/5/10 東広島協議会)

写真1

5月10日天候に恵まれ、福山市の芦田川河川敷公園において、16名が参加し、青年スポーツ大会を開催しました。

午前中は、チーム対抗戦でアルティメットをしましたが、フリスビーを地上に落とさずパスを回しながらゴールするゲームで、思うように飛ばない分チームワークがとても重要でした。

初めて会うメンバーもたくさんいましたが、チームワークを意識しましたので、ゲームが進むにつれて和気あいあいと、とても良い雰囲気で楽しむことができました。

写真2

お昼は、みんなで協力し合いながらバーベキューをしました。火をおこす係や、野菜の準備、皿の準備、肉を焼く係など、誰が指示することなく各自が積極的に行動したので、とてもスムーズに進んでいきました。お肉もお腹いっぱい、最後に焼きそばまでいただき、皆、大満足でした。

食後は、卓球場に移動して、個人戦で総当たり戦をしましたが、午前中に打ち解けた分、大変盛り上がり、爽やかな汗を流して楽しい一日となりました。

参加者からは、「とても楽しかったので、また参加したいです」との声が多く聞かれました。

写真3 写真4

白兎海岸清掃 (2015/4/26 鳥取協議会)

写真1

春の行楽シーズンを迎える前の4月26日、快晴の下、夫婦や親子連れなど初めての方6名を含む118名が参加し、神話の里「いなばの白うさぎ」で有名な、白兎海岸の清掃ボランティアを行いました。

APTF鳥取は、県のボランティア団体に認証されて13年目になり、ごみ袋は鳥取市から提供され、ごみの回収は鳥取県の協力をいただいています。


写真2

「こんにちは、頑張りましょう」と声をかけながら、1キロに及ぶ海岸線を家族ごとにチームを作って、1時間ほど汗を流しながら、落ちているごみや砂に埋まっているロープなどを回収しました。

春の日差しにしては強めでしたが、波の音と潮風に力をもらい、最後まで頑張り通して、美しい海岸を取り戻すことができました。


写真3

<参加者の感想>

  • 「青い空と海を見ながら、清掃ができて気持ちが良かったです。 (40代男性)
  • 「お姉さんを連れて来ましたが、喜んでくれて嬉しかったです。また、一緒にやりたいです。」 (50代女性)

ファミリー清掃ボランティア (2015/4/19 島根協議会)

写真1

4月19日、浜田支部では、家族連れなど20名が参加し、浜田海浜公園の清掃ボランティアを行いました。

毎月恒例の活動で、午前の集会後に皆で昼食をいただき、あいにくの天候でしたが、現地に移動して公園内のゴミを拾い集めました。

参加者からは、「漂流ゴミが無くなることがなく残念です。」「こんなに大きな物まで流れてくるのかと驚いています」などの声が聞かれました。

写真2 写真3

ファミリーお花見会 (2015/4/19 東広島協議会)

写真

4月19日、三原支部では、世羅 甲山ふれあいの里において、家族連れなど35名が参加し、「APTF三原ファミリーお花見会」を開催しました。

はじめに、支部顧問から記念のメッセージを頂いた後、壮年部コーラスが披露され、ビンゴゲームで楽しみ、新中高生への入学プレゼントが手渡されました。

昼食後には、雨上がりのさわやかな中、しだれ桜の並木道やツツジを鑑賞しました。

帰路では、八田原ダムにある歩行者専用の『夢吊橋』(ゆめつりばし)や、芝桜の咲いている名所にも立ち寄り自然を満喫しました。

参加者からは、「しだれ桜が咲いている自然の中で一日を過ごせてとても復興しました。」「壮年部コーラスや婦人部コーラスに、ほぼ全員が参加し一体感ができて、新しい出発ができました」などの感想が聞かれました。

夫婦セミナー (2015/4/19 東広島協議会)

写真1

4月19日、尾道ふれあいの里において、8組の夫婦など初めての方6名を含む25名が参加し、夫婦セミナーを開催しました。

午前10時半に開会し、「あめとりジャンケン」ゲームで和んだ後、蝶野知徳講師による夫婦セミナーを受講しました。

セミナーの中では、「相手に伝えたい事」や「夫婦の共通目的」などのワーク(実践)があり、最後は感動的な手紙交換がありました。

写真2

昼食は、別室で円卓を囲み御膳料理を楽しみましたが、アトラクションとしてビンゴゲームなどもあり大変盛り上がりました。

午後からは、夫婦でグラウンドゴルフを楽しんだ後、午後3時半に解散となりました。

参加者からは、「人生最後の場で相手に『ありがとう』と言えるように日々を生きて、しっかりとした思い出づくりをしていきます」などの声が聞かれました。

写真3 写真4

理想家庭講演会 (2015/4/15 東広島協議会)

写真

4月15日、尾道支部では、尾道国際ホテルにおいて、初めての方4名を含む26名が参加し、「幸せな理想家庭を目指して」と題した講演会を開催しました。

宮田太郎先生の講演では、和歌山や川崎での殺人事件を例に、「そばにいる子供は自分の鏡(ミラー細胞の存在)」「不平、不満、不信、不安、恨みは、天運を無くし、健康を害し、お金も無くなり、仕事もしなくなります」など、とてもわかりやすく語られました。

参加者からは、「言葉遣いや生活態度、先祖の運勢が、今の自分の運勢を決めるという部分が心に残りました。外国で弁当(BENTO)という言葉が流行っていることも初めて知りました。」「色々な問題に対しては、家系を良く知ることが、まず第1条件だと良くわかりました」などの感想が聞かれました。

お花見ファミリーバーベキュー (2015/4/5 東広島協議会)

写真1

4月5日、福山支部では、緑陽公園において、初めての方5名を含む127名の家族連れが参加し、「お花見ファミリーバーベキュー」を開催しました。

前日の天気予報では70%の降水確率でしたが、朝にはすっかり雨も上がり、ちょうど桜も満開で、会場の公園も私達で貸し切り状態となりました。

午前11時に集合し、金斗衡議長のメッセージで始まり、青年部が企画したゲーム大会で楽しんだ後、焼き肉バーベキューを堪能し、家族そろって楽しい一日を過ごすことができました。

写真2 写真3

春の壮年研修会 (2015/3/21 東広島協議会)

3月21日、福山市のツネイシしなまみビレッジにおいて、56名が参加し、「東広島 春の壮年研修会」を開催しました。

朝10時に開会し、金斗衡議長の主催者挨拶と活動報告に続き、柴沼講師から「ために生きる精神」によって困難を克服して勝利された自身の証しを聴きながら皆が感動し、その後の質疑応答も大変盛り上がりました。

その後、昼食をとりながら懇親の場を持ち、希望者は午後から近くの天然温泉で日頃の疲れを癒やしました。

参加者からは、「様々な体験を幅広くお話しいただき、大変感動しました。為に生きる文化の拡大と個々の成長が本質だと感じました。これから努力していこうと思います」などの声が聞かれました。

写真1 写真2

施設訪問ボランティア (2015/3/10 西広島協議会)

写真1

3月10日、雪の降る中、呉支部の「Koelのえほん会」では、家族連れなど12名で市内の施設を訪問し、入所者や職員など30名が集い、「三世代てあそびえほん会」を行いました。

この会は、2年前に子育て真最中のママ達を集めて結成し、毎月1回のイベントを企画し、隔週で集まり「えほん会」で使用する道具を手作りしながら、子育てについて相談し合ってきました。

今回初めて、老人ホームへの訪問を企画し、何度も施設長と相談しながら、「おじいさんおばあさんの笑顔が見たい」という思いで、子供向けに組み立てていた内容を、大人でも楽しんで頂けるようにと、あれこれ意見を出し合ってとても良いものが出来上がりました。

写真2

図書館から借りてきたA2サイズの大型絵本で、自作した指人形や背景を使い、歌や振り付けを加えて臨場感を出しながら読み聞かせをしました。また、ペープサート(紙人形劇)の披露もして、とても喜んでいただきました。

その後、手作りのピンクや黄色の花を入所者一人一人に手渡し、持っている花を左右に揺らしながら「春の歌」をみんなで歌い、会場は一足早い春の雰囲気に包まれました。

大半が高齢の方々でしたが、一緒に手遊びもして下さり、施設スタッフからは、「私達の笑顔を見るだけで元気になります」と言って頂き、私達もやり甲斐を感じとても復興して、次回に向けてさらなる意欲を燃やしています。

これからも継続して、地域に根付いた活動をしてまいります。

幸せ家庭づくりセミナー (2015/2/15 島根協議会)

写真

2月15日、玉造温泉・松乃湯において、カップル11組など初めての方7名を含む33名が参加し、「幸せ家庭づくりセミナー」を開催しました。

蝶野知徳先生から、午前と午後の2講座で、家庭の大切さを学びました。

自らの体験談を交えながらの、わかりやすく、かつ説得ある講義に魅了され、また、人生最後の言葉を夫婦で語り合う時には、多くのカップルが感動の涙を流していました。

お昼には、懐石料理に舌鼓を打ちながら夫婦が談笑し、良き一時を過ごしました。

セミナー終了後は、各自温泉で疲れを癒やし、明日への英気を養いました。

参加者からは、「素晴らしいひと時でした。夫の手紙を永遠の宝としてがんばりたいです。」「今までの全ての苦労が洗われるようでした」などの喜びの感想が聞かれました。

ファミリー餅つきイベント (2015/2/15 東広島協議会)

写真1

2月15日、福山支部では、150名の家族連れが参加し、「ファミリー餅つきイベント」を開催しました。

壮年が中心となり前日夜から準備し、午前10時に集合して、機械と石臼を使って十升(約500個)の餅を作りました。

昼食時には、家族連れが集まり、金斗衡議長を始め、大人も子供も順番に石臼と杵で餅つきを体験しましたが、現在では石臼で餅をつくという光景はあまり見られなくなりましたので、年配の方には懐かしく、子供たちには好奇心を持っての参加となりました。

ついたお餅はあんこを入れたり、きな粉をまぶしたりしていただき、家族での良き交流の場になりました。

写真2 写真3

青年・スノーイベント (2015/2/1 東広島協議会)

写真

2月1日、庄原市の猫山スキー場において、14名の青年が参加し、「青年・スノーイベント」を開催しました。

朝7時に出発し、現地には9時に到着しました。午前中は、皆で「やるぞー!」と気合いを入れ、スノーボードとスキーに分かれて楽しみました。

お昼には、レストランに集まり、皆で食事をいただきながら、楽しい一時を過ごし、午後4時まで思う存分すべりを満喫しました。

その後、近くの温泉でゆっくりと温まり、帰路のマイクロバスの中では、歌を歌ったりゲームをしたりしながらて楽しく交流し、午後8時に無事到着しました。

ファミリー・スノーイベント (2015/1/24 東広島協議会)

写真1

1月24日、福山支部では、ひろしま県民の森スキー場において、42名の家族連れが参加し、「ファミリー・スノーイベント」を開催しました。

会員が運転するマイクロバス1台とワゴン車3台に分乗して朝8時に福山を出発しました。車中では、このイベントの目的やスケジュール、注意事項を確認しながら、島根県境にあるスキー場に向かいましたが、現地に近づくにつれ、白い雪景色が広がっていくのを見て、子供達は、わくわくしながら期待が高まっていきました。

写真2

到着するとすぐに、ソリを持って急ぎ足でスキー場に向かい、ゲレンデでソリ滑りをしたり、雪だるまを作ったり、つららを見つけたり、雪を食べてみたり、様々に雪を楽しみました。

ソリが初めてだった子も、帰るころにはスピードに慣れ自分の行きたい方向に上手に方向転換するまでになりました。

午後からは、雪合戦をして楽しみましたが、ルールで不足なところがあれば、皆で相談しながら変えていきました。

最初は、子供達でチーム分けをして2回戦、その後、大人チーム対子供チームで対戦しましたが、大好きなお父さんやお母さんと勝負できるのがうれしかったのか、どの子も積極的に攻めてきて、とても盛り上がりました。

写真3

福山市は、ほとんど雪が積もることがありませんので、皆とても喜んで雪遊びを通して、親子が一緒に遊び触れ合う時間を十分、満喫することができました。

帰路は、午後3時半に出発し、バスの中ではパンをいただき、その後、疲れたのか皆スヤスヤ夢の中で、午後6時過ぎに、無事に到着することができました。


ゴルフコンペ (2015/1/24 東広島協議会)

写真

1月24日、この時期には珍しく暖かな日、マーメイド福山ゴルフクラブにおいて、会員家族や会社の後輩、同僚など、初めての方3名を含む12名が参加し、「第3回東広島山水苑ゴルフコンペ」を開催しました。

午後9時に集合して、スタートしましたが、終始なごやかな雰囲気でプレイをし、交流を深めることができました。

表彰式と反省会の後、次回の健闘を誓って解散となりました。