機関誌画像

愛の知恵袋1

家庭問題トータルカウンセラー 松本雄司

取り戻そう、“家族の絆”

皆さんは最近起こっている事件のニュースを聞きながら、何を感じておられますか? 何か底知れない不安を感じておられる方も多いのではないでしょうか。

日本もバブル崩壊以後は、リストラ、失業、治安の悪化…等で、明日は我が身に何が起こるかわかりません。こんな時代こそ、最後の砦は”家庭”であり、頼みの綱は”家族の絆”です。ところが、ご存知のように、社会では家族間での凄惨な事件が頻発しています。今や、”家族の絆”までもが根底から揺らいでいるのです。

さらに、それらの事件の周辺には、いじめ、学級崩壊、不登校、ひきこもり、万引き、恐喝、家出、同棲、援助交際、性感染症の蔓延、妊娠中絶、未婚の母…といった子供達に関わる様々な問題が起こっています。

これらの問題の背景には、社会環境、学校環境、家庭環境の悪化があります。社会環境と学校環境の改善には、国と行政機関と国民一人ひとりの意識転換と粘り強い取り組みが必要であり、相当の時間を要します。しかし、家庭環境の改善は、私達がすぐにでも取り組めることですから、まずは、ここから取り組んでまいりましょう。

結婚したものの夫婦がうまくいかない場合は、喧嘩が絶えず、家庭が殺伐とした雰囲気になります。不満とストレスを抱えた父親はアルコールに浸ったり、パチンコやギャンブルの依存症になったりします。母親もストレスを抱えて心に余裕がなくなり、ヒステリックになって夫や子供達にガミガミ言うようになり、幼児虐待や過干渉になりがちです。さらに、夫婦間の衝突が続けば、暴力や不倫問題に発展し、別居、離婚へと突き進んで破綻してしまいます。

かくして、現在、日本では結婚したカップルの三分の一以上が離婚しています。さらに離婚にまでは至らずとも、葛藤している夫婦がほぼ同数あると見られていますから、今の日本においては、うまくいっている夫婦の方が少ないということになります。

このような両親の不和が子供の心理に及ぼす影響は、想像以上に大きいものです。両親から来る波動が穏やかで愛情豊かなものではないために、家に帰っても安らぎや楽しさがなく、孤独を感じている子供達が増えています。たとえ、お小遣いをふんだんにもらえても、それによって”心”が満たされることはありません。常に、不安やいらだち、不信や失望といった複雑な心理が錯綜して、とても不安定な状態になっています。特に、自分探しの旅に出る中学生以上になれば、それが表面化してきます。”家族とは何か?”どのようにすれば家族の絆を強く結べるのか?。そういったことを真剣に考えなければならない時代になりました。この連載では、夫婦や親子が仲の良い関係を築き、心の通い合う幸せな暮らしを送れるようになるために、どんなことに注意し、どんなことを努力していったらいいのか…といったことについて、お話ししてみたいと思います。

挨拶ひとつで世界が変わる

さて、私たちは、毎年、お正月になれば年賀状を送り、親戚に挨拶回りをしたりします。また、家では「おはよう!」から「おやすみ」まで、家族同士で挨拶をします。出勤中に知人に会えば「あ、どうも!」と笑顔をおくり、会社に着いてから、上司や同僚達にまた挨拶をおくります。

「こんにちは」「ハロー」「ニーハオ」「アンニョンハセヨ」「アローハ」…。どこの国でも人に出会ったら、にこやかな笑顔と挨拶をおくります。人はなぜ挨拶をするのでしょうか。また、「挨拶」とは何なのでしょうか?

まず第一に、挨拶は、人間としての「礼儀の第一歩」であると言えます。ある中学校の校長先生が、卒業生に贈ることばとしてこのようなお話をされました。

「義務教育を終えた皆さんは、これから社会に出て行くことになります。一人前の社会人になるために、二つのことが出来る人になってほしいと思います。まず第一は、“きちんと挨拶の出来る人になること”、第二は、“はがきを書ける人になること”です。この二つがきちんと出来る人になれば、社会でも立派にやっていけるでしょう。しかし、この二つが出来ないとすれば、たとえ大学を出ていても社会人としては不合格になるでしょう」という内容でした。

そういえば、先日、ある会社の重役をしている友人と会った時、「いやぁ、最近は大学を出ていても満足な挨拶の出来ない社員が多くてね、一から教育のし直しだよ。困ったものだね」とこぼしていました。

挨拶を、自分の方から丁寧にするということは、「あなたに敬意を払っています」という心の表れですから、相手は嬉しく感じてまた礼儀を持ってこちらに接してくださるでしょう。

第二に、挨拶は、「愛情表現の第一歩」であるということです。

先日、近所の奥さんが、数人で話していました。

「あのね、きのう買い物に出かけた時、道で鈴木さんと出会ったのよ。私を知らないわけないのに、あの人ったら、知らん顔して通り過ぎたのよ」

「へぇー、そう。いやな人ねー」

「でしょおー!私すっかり気分悪くなっちゃった。…でもその後ね、斉藤さんに会ったのよ。彼女ったら、20メートルも先から私を見つけてね、駆け寄ってきて、『こんにちは!この前はどうもありがとう!』って明るい笑顔で言ってくれたの。話しているうちに嫌な気分も吹き飛んで、気がついたらルンルンになってたわ」

「うん、あの人、そんな人よね。私も大好きよ!」

何気なく聞いていた私は、あらためて、「挨拶」のひとことが、人間の心を大きく左右するものだということを感じさせられました。自分の方から、笑顔で挨拶を送るということは、「あなたに好意を持っていますよ」という愛情表現なのです。

ですから、私たちは、毎朝、家族に対しても知人に対しても、最高の笑顔で「おはよう!」と声をかけましょう。

”親しき仲にも、礼儀あり”。そんな家族には、きっと、明るい一家団欒の道が開けてくるでしょう。