機関誌画像

誌上講演会

真の家庭運動推進協議会会長 梶栗玄太郎

家庭完成による世界平和の実現を(下)

悪は「偽りの愛」

人のために生きる利他的な「真の愛」に対して、悪とは「偽りの愛」です。 それは自己中心の愛、利己的な愛です。悪は巧みに忍び寄ってきますから、同じ愛でも、それがどんな愛なのかよく見極めなければなりません。

利己的な愛で悪を行うと、霊人体が壊れます。善悪をはっきりと分け、善を実行するようにしなければなりません。

霊界にも憲法があり、その第一は愛情の問題です。男女問題を起こした者は、霊界で引っかかります。第二は公金の問題です。公金を私的に使った人も同様です。第三は人権の問題で、人を傷つけた人も霊界では責任が問われるというのです。

地獄を支配する者を東洋では閻魔大王といいます。その姿は冠を被り、道服を着て、いつも怒りの顔をしています。地獄の主神で、神様は地獄には一切干渉されません。

地獄から出てくるのはたいへんです。悔い改めなどの償いの条件を立て、神の側に帰って来なければなりません。そして、神のみ言を学び、成長して完成しなければなりません。神は天地を創造し、人間を創られましたが、人間が自らの力により完成することで、はじめて天地創造が成るのです。ですから、天地創造は神様と人間の共同作業で、それを果たした人間は神の創造力や所有権など、親のすべてを相続できるようになっていたのです。

絶対「性」を守ろう

もう一つ、性の問題があります。性は勝手に使ってはなりません。勝手に使った人は皆、霊界で問題になっています。結婚するまでは純潔を保ち、結婚した後は、貞節を守り夫婦同士の純愛を高めていかなければなりません。

そして子供や孫の代まで、理想的な家庭を相続していくのです。三代の家庭を完成させてから霊界に旅立つようにしなければなりません。神の血統を守ることが重要なのです。神様が「取って食べてはならない」と戒めておられたのが性で、これを絶対「性」と言います。

近年は交通事故より自殺による死者がはるかに多くなっていますが、自殺もたいへんです。死んだら痛みもないと思ったら大間違いで、そこから地獄の苦しみが始まるのです。霊界を知らないから勝手なことをしている人たちを救わなくてはなりません。

国際ハイウェイ構想と日韓トンネル

世界の人々の衣食住を満たす経済基盤を確立し、その上で人格と家庭と主管性を完成させるという神様の三大祝福を実現し、その先に世界平和が達成されるのです。心の平和と体の平和の両方が満たされなければなりません。

体の欲望は経済基盤の確立で充足されます。脳の命令は中枢神経を通って末梢神経に伝わり、心臓から動脈と静脈が流れて、細胞の隅々に至るまで栄養素と肺から吸収した酸素を運んで、細胞を生かしています。

人間の体には五臓六腑があり、世界にも五大洋六大州があります。人間の体に似ているのですが、海峡や国境で分断されています。五臓六腑が分かれてしまっているようなものです。だから血管の大動脈のような世界的な大物流システムを造らなければなりません。世界に栄養素を運び、老廃物を排泄するためのインフラ整備です。インフラは社会の下部構造で、道路は村道から町道、県道、国道、高速道路がありますが、全部国内の道路で、国際道路はまだありません。

そこで、国際超高速道路を建設しようというのが国際ハイウェイ構想で、その最初として日韓トンネルの建設を目指しています。日本と韓国を海底トンネルでつなぐことで、日本は初めて大陸と陸続きになります。

今、アメリカは利害関係から中国に傾きつつあり、日米関係がおかしくなっています。韓半島を通ってアジアに出たいアメリカとヨーロッパは日韓トンネルを支援するので、これによって欧米と日韓が一つになるのです。

南北統一、世界平和が実現

日韓トンネルで韓国が豊かになると、南北の平和統一も可能になります。北朝鮮の金正日総書記は、武力統一をやめ、平和統一しようと言い出しています。南北統一選挙が行われ、38度線は撤廃されるのです(拍手)。

南北の統一は神主義と頭翼思想によって初めて可能になります。頭翼思想とは、戦っていた右翼と左翼を頭を中心につなぐものです。そうなれば、両翼は頭を使って世界平和に協力するようになります。

日韓トンネルが通じ、東京・北京間に高速道路が完成すれば、日韓中3国の経済共同体ができます。これは世界最大の経済圏です。ドーバー海峡トンネルが開通した直後にEU(ヨーロッパ連合)が生まれました。同じように、日韓トンネルが開通する10数年後の頃にはAU(アジア連合)が生まれるでしょう。明治の日本は廃藩置県で藩をやめ、日本を一つの国にしました。今は世界維新の時代で、廃国置州を行い、いくつかの国の連合体としての州を置き、改革された国連のもとに世界は一つになるのです。

アジアが結束して豊かな経済基盤をつくれば、その力で世界も豊かになります。高速道路で結ばれた世界も恵沢を受けるので、貧しい国でも経済が成長します。そうなればテロも戦争もなくなります。二度と戦争のない平和な世界になるのです(拍手)。核兵器や武器は廃棄し、溶かして鋤や鍬に変え、神様が願った地上天国、天上天国が初めて現れるのです(拍手)。

今は歴史的大転換の時代

その時期は、もう目の前に来ています。文鮮明先生は90歳になられ、2013年までに世界平和を実現するという計画で全力を投入されています。

文先生は今、国連の刷新運動をしておられます。今の国連は政治的な議会で下院に相当するので、宗教指導者による上院を設け二院制にするという提案です。

次の段階で、父母国連を2013年までに実現させます。父母国連が開設され、憲法が制定されると、各国がそれに従い、批准することで世界は一つになります。

今までは分裂と紛争と闘争で明け暮れた地上地獄とも言うべき先天時代が終わり、これからは神が主管する後天開闢の時代に大転換する時なのです。歴史的転換の時代で、神様が全権を行使され、一挙に世界を変える道が開かれてきます。3年半で世界平和を実現するという目標に向かい、前進しようではありませんか(拍手)。

私の人格と家庭が完成すれば、理想家庭による理想世界が実現します。その神様の風、摂理の方向に歩調を合わせるとき、私たちは偉大な力を発揮することができます。一人ひとりが決意を固め、家庭完成による世界平和を実現しましょう。ありがとうございました。