機関誌画像

歴史と家庭

ジャーナリスト 高嶋 久

浅井初——姉妹の和に努めた浅井三姉妹の二女

京極高次の正室という比較的自由な立場を生かし、姉の淀殿・豊臣方と妹の江・徳川方の和解に努力した

京極高次の正室

写真
常高院(俗名:浅井 初)像

今回は浅井三姉妹の真ん中、初の話です。姉のお茶々が生まれた翌年の永禄13(1570)年に、浅井長政の居城、小谷城で生まれています。天正元(1573)年の小谷城落城の後は織田信長に保護され、信長の弟、信包(のぶかね)の伊勢上野城で育ったのは姉や妹の江と同じです。

信長が本能寺の変で倒れた後は、柴田勝家と再婚した母お市の方と一緒に福井・北ノ庄城に入ります。現在、北ノ庄城は石垣などの遺跡が発掘されており、その城跡に柴田神社が建てられています。

信長の後継争いで勝家が豊臣秀吉に敗れると、母の市は夫と自決し、長政の「菩提を弔い、浅井の血を残してほしい」との遺言を三姉妹に託します。

織田と浅井の血を引く三姉妹は、低い身分出の秀吉にとって、貴重な政略結婚の玉。もう一つの思いは、戦国一の美女、市に似た茶々を自らの側室にすることです。茶々をその気にさせようと、秀吉は最初に12歳の江を尾張の佐治一成に嫁がせ、次に初を北近江の大名、京極高次の正室にします。一人残された焦りと秀吉や石田三成による懐柔で、茶々は次第に秀吉を受け入れる気になり、20歳の頃、秀吉52歳の側室になります。

夫は「ホタル大名」

初が嫁いだ京極氏は、南北朝時代に足利尊氏に仕えたバサラ大名、佐々木(京極)道誉(どうよ)の直系という名門です。室町時代に六角氏と京極氏とに分かれ、南近江と北近江を支配してきました。応仁の乱の後、京極氏の家臣の中から台頭したのが浅井氏です。

高次の母は長政の姉、キリシタンの京極マリアで、高次も小谷城の生まれ。初とはいとこ同士で、姿形のいい高次に、初は幼い頃から想いを寄せていました。茶々が秀吉に頼んで二人を結婚させたので、全くの政略結婚とは言えません。高次は初と結婚した天正15(1587)年、九州征伐の功で近江高島郡の大溝城主となっていました。

本能寺の変で明智光秀に味方した高次は、その後、家名断絶の危機に瀕したのですが、秀吉の側室となった妹、龍子(たつこ)のとりなしで許され、秀吉に仕えて高島郡を治めることになります。龍子は若狭武田氏の最後の当主、武田元明(もとあき)の正室で、美人だったことから、元明を滅ぼした秀吉の側室に迎えられたのです。妹や妻の七光りで出世したことから、高次は「ホタル大名」とささやかれながら、近江八幡城、大津城を経て若狭の小浜城主へと出世します。

江の娘を養女に

戦国の世では珍しく好きな人と一緒になれた初ですが、子宝には恵まれませんでした。そこで、徳川秀忠の妻になった江から、四女の初姫を養女にもらい受けます。そして、高次が側室との間にもうけた嫡男の忠高とめあわせ、高次の後を継がせました。妹の力を借りて、京極家に浅井の血を残したのです。

ところで、浅井長政には、秀吉に殺された万福丸のほかに、侍女が産んだ男子、長春がいました。長春は浅井氏ゆかりの寺で僧として育てられましたが、10歳過ぎに還俗(げんぞく)し、秀吉の養子、丹波亀山城主の羽柴秀勝に預けられ、元服して喜八郎と名乗ります。その後、秀吉の弟で大和郡山城主の豊臣秀長に仕え、秀長の死後は、新城主の増田(ました)長盛に仕え、妻をめとります。関ケ原の合戦で浪人となった喜八郎は、妻の縁で讃岐丸亀城主、生駒一正のもとに身を寄せ、家臣に取り立てられます。

慶長19(1614)年に大坂の役が始まると、喜八郎は大坂城に入って戦いました。大坂城の落城後、初を頼って小浜にやって来た喜八郎に初は五百石を与え、小さな寺に住まわせます。

寛永10(1633)年に初(常高院)が江戸屋敷で亡くなった後も、京極家は初の遺言を守り、喜八郎を家臣として処します。その後、京極家が讃岐丸亀藩五万石に転封されたので、喜八郎は藩士として丸亀で暮らしました。

女の論理を貫いて

初が一番気にしていたのは、淀殿(茶々)の豊臣方と後に2代将軍徳川秀忠の正室となった江の徳川方の争いでした。慶長十九(1614)年に大坂冬の陣が勃発すると、初は豊臣の使者となり、和平交渉に臨みます。徳川の使者は家康の側室、阿茶局(あちゃのつぼね)でした。こうして、日本史上まれな女性同士の使者による和議となり、講和条件も合意し、ひとときの和平が成立したのです。

姉や妹に比べて比較的立場が自由な初は淀殿や江にたびたび書状を出し、何とか戦を避けようと努力します。その努力は報いられませんでしたが、男たちの力の論理が支配した戦国時代に、女の論理を貫いた女性として、初は歴史に名を残しています。