機関誌画像

春夏秋冬つれづれノート

ジャーナリスト 堀本和博

勉学を怠らず自分で考える習慣をつける最良のテキストは新聞

サクラの咲いた人は新スタート、サクラの散った人にはチャレンジの再スタートとなるのが4月である。学校を卒業した人にとっても、就職氷河期といわれる厳しい入社試験をくぐり抜けて新入社員をスタートする人がいれば、心機一転してチャレンジを期する人もいる4月。

1年の始まりは1月からだが、学校の新学期や国・地方自治体などの会計新年度が始まるのは4月から。4月は何とはなしに弾む、うきうきした心持ちの一方で、新しい環境に入っていくことに対する緊張と不安も付きまとう月である。

フレッシュマンは、何から始めたらいいのか。何年か前に大手製薬会社に入社した知り合いの息子に「上司から最初に言われたことはなに?」と尋ねたことがある。「社会常識をしっかり身につけるために新聞を購読しなさい」ということだった。少し説教染みて恐縮だが、毎日、新聞を読む習慣をつけることを勧める人生の先達は多くいる。

住友商事人事部長の遠藤貴也さんは「旺盛な好奇心や探究心、挑戦心、あきらめない意志を持ち、勉学を怠らず自分で考える習慣がついている人」に魅力を感じるという。そして「商社の人間が新聞を読むのは当然のことです。日本との関係を意識しながら海外のニュースを読む習慣をつけると、さらに新聞が面白くなると思います」と答えている(読売新聞3月1日付「人事の”眼”」)。

作家の曽野綾子さんは「新聞が正確なことを書くという保証はないのだが、新聞を読むか読まないかは、私にとって人間をより分ける篩(ふるい)の役を果たすようになったらしい。私が会社の社長だったら新聞を読まない社員は採用しない」(産経新聞昨年5月28日付「小さな親切、大きなお世話」)と記している。

もう一つ。デジタル化が進む社会について「他人への関心、他者への想像力が、ますます育ちにくい社会の構造が生まれつつあるのかも」と警告するのは、読売・編集委員の芥川喜好氏。「現代の問題の多くは他人のことが眼中にない振る舞いから来ている。他人が見えていれば良い距離がとれる」。そのために新聞は「最良のテキスト」(読売・昨年2月27日付「時の余白に」)だと言うのである。まさしく同感。

写真

インターネットでニュースだけを拾っていても、それでこと足れりとはいくまい。それは新聞を読んで考えることとは天と地ほどの違いがある。

「さまざまの 事おもひだす 桜かな」(芭蕉)