機関誌画像

歴史と家庭

ジャーナリスト 高嶋 久

浅井長政——妻・お市の方と三姉妹に慕われた父

政略結婚でありながら妻と深い愛情で結ばれ、死後も娘たちから慕われた、勇猛で温顔な戦国大名

ふくよかな温顔の人

写真
浅井長政像(高野山持明院蔵)

妻、お市の方や3人の娘から慕われ続けた浅井長政とは、どんな人物だったのでしょうか。残された肖像画や長浜市の徳勝寺にある夫婦の木像からは、ふくよかな温顔の人だったことが分かります。

兄、織田信長との縁を切ってでも夫と生死を共にしようと市に思わせたのですから、よほど愛情深い人だったに違いありません。後に2代将軍徳川秀忠の正室になる三女、江が生まれたのは、長政の居城、小谷城が落城する年で、政略結婚でありながら、夫婦の絆の強さが想像できます。

浅井氏は亮政(すけまさ)—久政(ひさまさ)—長政の浅井三代で北近江の戦国大名にのし上がりました。その長政に信長が妹の市を嫁がせたのは、天下布武のため京都に上る道を確保するのが狙いでした。

父を隠居させ領主に

亮政の時代、北近江の守護大名は、足利尊氏に仕えた佐々木導誉(京極高氏)の血を引く京極高清で、浅井氏はその家来でした。ところが、京極家が後継争いで内紛になったのを機に亮政は国人たちを率いて一揆を起こし、京極氏を北近江から追い出します。そして亮政は小谷山に小谷城を築き、浅井氏の本拠とします。

次の久政は領国経営で手腕を発揮し、国人同士の争いを調停しながら、戦国大名としてのし上がっていきます。しかし、南近江の守護大名、六角義賢(よしかた)には弱腰で、元服した嫡男の長政に義賢の賢の字をもらい、賢政(かたまさ)と名乗らせ、義賢の重臣の娘を嫁に迎えるほどでした。

これに不満を持つ家臣たちと図って久政を隠居させ、強引に家督を継いだ賢政は、同盟を結んだ信長の長をもらい、長政と改名します。信長もゆくゆくは自らの片腕にと頼むほど、長政を信頼していました。

信長を見限った長政

その長政が信長を裏切ったのはなぜでしょうか。①浅井と三代にわたる同盟関係にある越前の朝倉を攻めないという約束を信長が破ったから、②久政が信長嫌いだったから、③将軍足利義昭の工作による——などが考えられます。

加えて、菩提寺の徳勝寺は曹洞宗ですが、領民の7割を占めていた一向宗(浄土真宗)とも友好関係にあり、信長に対抗するため石山本願寺や比叡山とも連携するなど、浅井と仏教勢力とのつながりの強さがうかがえます。信仰深い長政にとって信長は伝統的な宗教を破壊し、無辜(むこ)の民を虐殺する非情な武将であり、付いていくことに不安を覚えたのではないでしょうか。

しかも、信長の家臣になると、北近江の地を離れ、今の転勤族のように、領地を移動せざるを得なくなります。郷土に愛着心の強い長政は、それも我慢できなかったと思われます。信長を裏切ったというより、「見限った」というのが正確かもしれません。

地域の人々に慕われ

筆者がその感を強くしたのは、毎年、長政の命日とされる9月1日に、徳勝寺で営まれている浅井三代法要に参列したときの印象からです。

浅井家顕彰会(宮輝雄会長)が、浅井家ゆかりの人たちや徳勝寺の住職、檀家や地域の人たちにより設立されたのは昭和31(1956)年で、以後、50回以上にわたり法要が続けられています。宮会長によると「浅井三代は水利事業などで民衆のために尽くすなど多く業績を残した」そうです。

参列者約100人の中には、長政の直系・傍系と伝わる三つの家の人もいて、出会いを喜び合っていました。このように、いつまでも地域の人たちに慕われているのは、よい統治をしたからです。

徳勝寺の境内には浅井氏三代の墓があります。同寺は元は東浅井郡下山田にあった医王寺で、小谷城を築城した亮政が山麓に移し、浅井氏の菩提寺とし、徳昌寺と変えたのです。

浅井氏の滅亡後、今浜に入った羽柴秀吉は、信長の長をとって地名を長浜と変え、湖岸に長浜城を築いて、同寺を城内に移します。そして、亮政の諡号(しごう)徳勝寺殿にちなみ徳勝寺と改号しました。

元和3(1617)年には、江の夫、秀忠が寺領33石余を与え、寛文12(1672)年の長政百回忌には、幕府が祭祀料を納めています。このとき彦根藩主により、同寺は現在地に移築・整備されました。背後には江の意向があったと思われます。

江に、29歳で亡くなった父の記憶はありませんが、母や姉たちから話を聞き、心から慕うようになったのでしょう。父親冥利に尽きる話です。