機関誌画像

歴史と家庭

ジャーナリスト 高嶋 久

ヤマトタケルとオトタチバナ ——船が嵐に襲われたとき、妻はわが身を投げて海を鎮めた

古代日本の最大の英雄とも言えるヤマトタケル、その最後は悲しみに彩られている

九州の熊襲を退治

古代日本の国づくり、とりわけ国の統一に大きな役割を果たしたのが、第12代景行天皇の皇子・ヤマトタケルノミコト(日本武尊、倭建命)で、古代史における最大の英雄です。『古事記』や『日本書紀』に書かれたヤマトタケルの熊襲(くまそ)退治や東国征伐の物語は、四世紀頃の大和朝廷の勢力拡大を象徴的に伝えていると言えます。

ヤマトタケルの活躍を伝える伝説は各地に残されており、今の「焼津」や「三重」などの地名の基にもなっています。

ヤマトタケルは小さい頃から武勇に秀でていましたが、気性が激しく、行き違いから兄を殺してしまったため、父・景行天皇に恐れられ、遠ざけられていました。十六歳になったヤマトタケルに天皇は、大和に従おうとしない九州の熊襲建(たける)兄弟の平定を命じます。

九州に着くと、熊襲建は新築した家の祝いの宴を開いていました。そこでヤマトタケルは少女の身なりをして紛れ込み、酒に酔った兄弟に近づいて、短刀で兄を斬り殺します。それを見て逃げた弟を追いかけ、背中に刀を刺すと、弟は「私たち兄弟より強い者が大和にいたことを知りました。自分たちの『建』の名をもらってほしい」と言って絶命します。これによって、倭建(ヤマトタケル)と名乗ることにしたのです。

九州から大和への帰路でも、ヤマトタケルは天皇に従わない者たちを征伐、説得し、国を平定していきます。そして、大和に戻る前に羽曳野で弟橘媛(おとたちばなひめ)と出会い、やがて二人は結ばれました。

弟橘媛のくし

九州の熊襲退治から帰ったばかりのヤマトタケルに、景行天皇は東にある12の国を平定するよう命じます。伊勢、尾張、三河、遠江(とおとうみ)、駿河、甲斐、伊豆、相模、武蔵、総(ふさ)、常陸(ひたち)、陸奥(みちのく)の国々です。

大和を出発したヤマトタケルは、まず伊勢神宮にお参りし、そこにいる叔母の倭姫(やまとひめ)に会います。そして、「九州から帰ったばかりなのに、また東国平定を命じられました。天皇は私など死んでもいいと思っておられるのでしょうか」と嘆き悲しみました。

そんなヤマトタケルに倭姫は天叢雲(あめのむらくも)の剣を授け、また「もしもの場合には、この袋の口を解きなさい」と言って袋を渡しました。天叢雲の剣は、スサノオが出雲で退治したヤマタノオロチの尾から出てきたのを、天照大神あまてらすおおみかみに献上したものです。

ヤマトタケルが相模の国に入る前に、妻の弟橘媛が合流しました。

二人を迎えた土地の役人が、「草原の神が従わないから成敗してほしい」と言って沼に案内します。ところが、それは彼らの罠で、周りの草原に火がつけられ、二人は炎に囲まれてしまいます。ヤマトタケルは持っていた天叢雲の剣で草を刈り、叔母にもらった袋から火打ち石を取り出し、草原に火をつけて火の向きを変え、敵対する者たちを斬り殺し、焼き滅ぼしました。そこから、この地が「焼津」と呼ばれるようになったのです。

剣で草を払って難を逃れたことから、ヤマトタケルは天叢雲の剣を「草薙(くさなぎ)の剣」と改名します。この地を平定したヤマトタケルは、小高い丘に登って周りの平原を見渡したので、そこが「日本平」と名付けられました。

三浦半島の走水(はしりみず)から房総半島に渡ろうとした一行を、激しい嵐が襲います。このままでは沈没してしまうと思った弟橘媛は、海神の怒りを鎮めようと、夫の身代わりとなって海に身を投げます。すると、海は穏やかになり、ヤマトタケルたちは上総(かずさ)に渡ることができたのです。

海岸に流れ着いた弟橘媛のくしを見つけたヤマトタケルは、悲しみに包まれながら、御陵を築き、くしを埋葬しました。

やまとしうるわし

東国の神々や蝦夷を平定したヤマトタケルたちは帰途に就き、甲斐から信濃長野、美濃大井などを経て尾張の国境にある内津(うつつ)峠にさしかかりました。尾張で美夜受媛(みやずひめ)と結婚します。ヤマトタケルは、伊吹山の神と素手で戦おうと、草薙の剣を美夜受媛に渡して山に登りました。

しばらくすると、目の前に大きな白いイノシシが現れました。山の神の使いだろうから大したことはないと油断して先に進んだところ、実は山の神自身が変身していたもので、激しい氷雨が降ってきました。氷雨に打たれ、体力を消耗したヤマトタケルは、病気になって伊吹山を下ります。

疲れ果てたヤマトタケルは、岐阜県養老町あたりにたどり着いて休憩しました。足が膨れ上がったので、しばらく休んでから、再び大和に向けて歩き始めます。

疲れ果てたヤマトタケルは「わが足三重の匂(まか)りなして、いと疲れたり(足が三重に重なっているように重い)」とつぶやきました。このことからこの地を三重と呼ぶようになったのです。

そして、能煩野(のぼの)(今の鈴鹿市)で力が尽き果てたヤマトタケルは、大和の国を偲ぶ歌を詠み、望郷の思いを募らせながら息を引き取ります。

「やまとは 国のまほろば たたなづく 青垣山ごもれる やまとしうるわし」(大和は国々の中でもっともよい国だ。畳を重ねたような、青い垣をめぐらしたような山々に囲まれて、大和は美しい)

その知らせは、大和の宮にいる妃たちにも届きます。後に、能煩野に御陵を造り、皆で嘆き悲しんでいると、陵から一羽の白鳥が空に舞い上がり、大和の方へと飛んで行ったそうです。それを見た人々は、ヤマトタケルの魂が白鳥になって大和に帰ったのだと思ったそうです。