機関誌画像

世界の音楽と家庭 [6]

音楽評論家 吉川 鶴生

家庭的な癒しの音楽

音楽の効用はくつろぎにあり

ポール・モーリア※1という名前を聞いたことは誰でもあるでしょう。フランス人の彼は、ポップスであれ、映画音楽であれ、クラシックであれ、とにかくどんな音楽でも彼の率いるオーケストラで「くつろぎ感」のある演奏を行い、世界の人々にその音楽を提供し続けたイージーリスニング音楽の巨匠であります。

大変な親日家でもありました(2006年死去)。くつろぎと安らぎを与えるという音楽の役目を大いに果たし、人々を自宅の居間でアットホームにくつろいでいるような気分にさせてくれました。彼は、理屈抜きに、音楽を平易に楽しませてくれる天才です。

リチャード・クレイダーマン※2は同じくフランス人であっても、こちらはオーケストラではなく、ピアノ演奏を中心として人々を大いにくつろがせてくれます。どこかで聴いたことのある音楽と言えば、それはおそらくクレイダーマンの音楽であると言ってもかまいません。

それにしても、ポール・モーリアといい、リチャード・クレイダーマンといい、どうしてフランス人はくつろぎの天才なのでしょうか。葡萄酒の飲み過ぎかもしれません。

イギリスのイージーリスニングは、マントヴァーニ※3の存在感が強く、世界的にもよく聴かれており、ストリングスの音色にその特色を遺憾なく発揮しています。興味深いのは、イギリスでは、ロック系のアーティストが、癒し系ともいうべき環境音楽(アンビエント・ミュージック)に変貌を遂げた例があり、例えば、ブライアン・イーノやロバート・フリップなど、謎めいたくつろぎ音楽をたくさん作って、現在の癒(いや)し系音楽の先駆的な役割を早くも70年代に果たしていたというようなことがあります。

家庭的くつろぎという観点から言うと、イージーリスニングの音楽ほど重宝がられるものはないでしょう。イージーリスニングの人気の秘密はアットホーム感であり、聴いていると何だか疲れが取れてしまうというマジックがその中にあるということではないでしょうか。イージーだからと言って、簡単に考えてはいけません。すごいのです。

癒しを必要とする現代

現代社会には色々なストレスがあります。人間関係、仕事上の実績の有無など、ストレスのかかる社会です。それゆえ、癒しが必要な社会です。ヒーリングミュージックの隆盛はそのことを裏付けています。音楽療法、チルアウトなど、いろいろな表現で言われる音楽は、要するに、「癒し」を主たる目的とした音楽です。α波とか1/fのゆらぎという考え方もよく聞かれるところです。いずれにせよ、音楽は人の心を癒す有力な武器であることは間違いありません。

アイルランドの女性歌手でエンヤ※4という人がいますが、彼女の人気が世界的に広がっている事実は、まさに、癒しの音楽というべき特徴を備えているからだと思います。ケルティック・ウーマンという5人組の女性音楽グループもいます。

エンヤもケルティック・ウーマンもアイルランドですから、何か、アイルランドには癒しの精霊でも住んでいるのでしょうか。面白い国だと思います。

日本の喜多郎※5久石譲※6なども癒されるタイプの音楽、癒しの要素を多く含んでいる音楽を作っていると言えるでしょう。

ほっと心が和むような音楽、神秘的な夢幻境へ人々の魂をいざなうような音楽、大体において、癒し効果のある音楽はそういう音楽です。

家庭は最高の癒しの場

「埴生の宿も我が宿、…たのしとも、たのもしや」と歌われる有名な唱歌があるように、どんなに粗末な家であっても、そこに父母がいて、兄弟がいて、仲睦まじく暮らしていれば、そのような家庭こそが最高に癒されるところであり、心に平安と安らぎを覚えるところであるというのは誰も否定することはできないでしょう。

音楽に癒し効果があるとするならば、取りも直さず、癒しの音楽は家庭の平安とよろこびを人々に届けてくれる音楽であると言い換えることもできます。

世界中、どこでも癒し系の音楽はあるものです。人間は忙しく働いて生きる必要もありますが、その反面、ゆっくりとくつろいで心と体の疲れを癒したりする時間も当然必要です。昔と違って、時間の流れが速く、ストレスも多い現代は、癒しの音楽が家庭的なくつろぎ感を与えてくれる必要性を増大させています。

文中で紹介されている曲は以下のサイトから聴くことができます。
 (クリックすると、別ウインドウまたはタブで外部サイトが開きます。)

  1. ポール・モーリア 『恋はみずいろ』
    Paul Mauriat - Love is Blue (HQ)
     http://www.youtube.com/watch?v=rjsNNcsUNzE
  2. リチャード・クレイダーマン
    Richard Clayderman 2012 The finest tunes
     http://www.youtube.com/watch?v=J1_cNvFjQNM
     注)5分53秒までほぼ無音になっています。
  3. マントヴァーニ 『グリーンスリーブス』
    Mantovani - Greensleeves
     http://www.youtube.com/watch?v=2yDxmHqBeVE
  4. エンヤ 〜オールタイム・ベスト
    The Very Best of Enya
     http://www.youtube.com/watch?v=img8hbAiRIk
  5. 喜多郎 「Celestial Scenery: Silkroad Legend Vol. 1 追想」
    Kitaro - Celestial Scenery: Silk Road, Volume 1 (Full Album)
     http://www.youtube.com/watch?v=mOtwSirCTHo
  6. 久石 譲 「風の谷のナウシカ シンフォニー編 風の伝説」1.風の伝説
    1. Nausicaa of the Valley of the Wind
     http://www.youtube.com/watch?v=B51bLBdUt3w