機関誌画像

世界の音楽と家庭 [7]

音楽評論家 吉川 鶴生

家庭の温かみ求めるロシア人

ロシアのロマン派音楽

肖像画
Pjotr I. Tschaikowski
肖像画 (1893)

ドイツを中心として興ったロマン派の音楽は、ロシアに波及し、国民楽派5人組と言われる作曲家たちの音楽の中に実を結んでいきますが、そんな中で、西欧的な音楽をあくまでも追求したチャイコフスキーは、叙情性と哀愁を漂わせた北欧的な美しい曲を作り、ロシアの代表的なロマン派音楽の大家として、その音楽は世界的な人気を博していきます。

チャイコフスキーと言えば、「ピアノ協奏曲第1番」※1をすぐに思い浮かべる人が多いことでしょう。世界的な女流ピアニスト、マルタ・アルゲリッチによる演奏を聴くと、とにかく、優美な曲調に魅せられますし、うっとりとするチャイコフスキー・ファンも少なくないことでしょう。「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」※2もまた美しく、特に、日本の若き天才ヴァイオリニスト庄司紗矢香さんの演奏は、世界的にも絶賛の声が聞かれ、圧巻の演奏です。

ロシアのロマン派音楽は、そのフィナーレを飾るかのように登場して、20世紀にアメリカを舞台に活躍したラフマニノフを誇っています。ロシア革命を避けて、スイスへ亡命し、さらにアメリカへと亡命の人生を送った作曲家であり、またピアニストです。

有名な「ピアノ協奏曲第2番」※3を聴くと、壮麗なロマンチシズムを感じさせる曲調に感動を覚えますが、その音楽的効果を狙って、多くの映画音楽に、ラフマニノフのこの曲が採用されているのもうなずけます。ラフマニノフの晩年の作である「パガニーニの主題による狂詩曲」※4も非常に有名な曲ですが、どういうわけか、この曲も数々の映画に使われ、ラフマニノフの曲と映画はよほど相性がいいと見えます。

ロシア人の音楽的感性と才能は非常に高く、また、音楽に合わせて踊るバレエ芸術も一流であり、寒い北方の大地でこのような音楽と舞踏の芸術が花開くことに驚きを覚えざるを得ません。

家庭的には、チャイコフスキーは離婚を経験し、決して、満足する家庭生活を送ることはできませんでしたが、不思議なことに彼のスポンサーとなり、いつも経済支援をしてくれたのは富豪の未亡人フォン・メック夫人でした。一方、ラフマニノフはあの「ピアノ協奏曲第2番」の発表によって、大人気を博した時には、子供を授かり、非常に充実した家庭生活を送っている時でしたので、順調な結婚生活を送ったと思われます。

国民楽派5人組

ロシアの国民楽派5人組は、ボロディン、キュイ、バラキレフ、ムソルグスキー、リムスキー=コルサコフの5人ですが、例えば、ボロディンの有名な「イーゴリ公」はどこかで聴いたことのあるような馴染みのある曲ではないでしょうか。ボロディンは化学者であり、化学者としての業績も多く残していますが、作曲を始めたのは30歳を超えてからという遅咲きで、「イーゴリ公」※5は36歳の時の作品です。ドイツやフランス、イタリアなどの西欧とは違う響きのある音楽で、国民楽派の名のごとく、ロシア民族の歴史と伝統を背負い、また、そのことを意識した音楽と言ってよいでしょう。

同様に、ムソルグスキーの「禿山(はげやま)の一夜」※6もよく聴かれる曲で、「展覧会の絵」などとともに、彼の音楽はみずからの血統と歴史を強く意識しながらも、独特な香りを持っており、斬新性を漂わせていると評されました。現在ではそうでもありませんが、当時においては、かなり、斬新な響きを持った作品として感じられたことと察せられます。

ロシア的なるもの

ロシアは、ギリシア正教の流れを汲んだロシア正教を中心としてその歴史を築き上げてきた国です。カトリックやプロテスタントを中心に発展した西欧とは雰囲気の違う宗教的土壌を持っており、音楽もまたロシア的と言われるようなスラブ民族の持つ音楽的伝統が流れています。そこには、スラブ民族の悲哀と熱情、独特のメロディとリズム感があり、ロシア人の優れた審美眼をうかがわせるものがあります。

日本人の中には、チャイコフスキー・ファンが多いことでも分かるように、ロシア民謡やクラシック音楽に惹かれる人が多いことからも、日本人の情緒的な民族性とロシアの音楽的特性は強い親和力を持っていると言えるかもしれません。ロシア革命以降のソ連が家族制度を破壊し、宗教を無力化させたことで、古き良きロシアの伝統破壊が起きましたが、本来は、家族の温かみを人一倍求める心優しいロシア人なのだということをその音楽が見事に語りかけています。

文中で紹介されている曲は以下のサイトから聴くことができます。
 (クリックすると、別ウインドウまたはタブで外部サイトが開きます。)

  1. ピョートル・チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 作品23 第1楽章
    (Argerich)Tchaikovsky Piano Concerto No.1 Mvt I
     http://www.youtube.com/watch?v=1axL9ZNnJIE
  2. チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
    Tchaikovsky : Violin Concerto in D major op.35
     http://www.youtube.com/watch?v=GAkw_Wi4yIo
  3. セルゲイ・ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18 第1楽章
    H. Grimaud 1/3 Rachmaninov piano concerto No.2 in C minor, op.18 [Moderato]
     http://www.youtube.com/watch?v=uJRHht55E1M
  4. ラフマニノフ ピアノとオーケストラのための《パガニーニの主題による狂詩曲》作品43
    Arthur Rubinstein - Rachmaninoff, Rhapsody on a Theme of Paganini
     http://www.youtube.com/watch?v=49dEdhsNpKE
  5. アレクサンドル・ボロディン オペラ『イーゴリ公』第2幕から『だったん人の踊り』
    Borodin - Prince Igor (Polovtsian Dances)
     http://www.youtube.com/watch?v=u50uq6NNRiU
  6. モデスト・ムソルグスキー 交響詩『禿山の一夜』 ニ短調
    Mussorgsky - Night On Bald Mountain
     http://www.youtube.com/watch?v=iCEDfZgDPS8