機関誌画像

世界の音楽と家庭 [24]

音楽評論家 吉川 鶴生

世界平和へ導く音楽が求められる時代

心を浄化し平和への思いに導く

音楽の効用は、曲にもよりますが、心に平安と喜び、希望、感謝の気持ちなどを与えてくれることです。心の浄化作用、平和や愛への共感作用、生きる力などの前進作用など、様々な効用性を音楽は持っています。音楽を愛する人に悪い人はいないというようなことを聞いたことがありますが、さもありなんという気がします。

今や、音響機器の発達、IT機器の端末の装備によって、いつでも、どこでも、音楽が気軽に聴かれるようになっており、まさに世界は音楽の洪水の中に浸されているといった感すらあります。これほど便利な社会ができてきますと、音楽が世界平和の創出に貢献する大きな可能性に期待したくなるのも当然であります。

ポップ・ミュージシャンたちが見事なコラボレーションを見せてくれたあの「ウイ・アー・ザ・ワールド」※1のヒット曲は言うまでもなく、多くの音楽家たちがジャンルを問わず、平和への思いを音楽へ反映させているのです。1989年11月9日、ベルリンの壁が崩壊したとき、ユダヤ人の世界的な指揮者レナード・バーンスタインがベートーベンの第9※2をオーケストラで指揮し、その曲の中の喜び(フロイデ)という言葉を自由(フライハイト)という言葉に換えて大合唱した歴史的な演奏は、多くの人々に深い感動を与えました。ベートーベンの第9交響曲は、とりわけ感動的で躍動感のある名曲ですから、世界の平和を願う集まりでは演奏と合唱の機会が多く訪れます。

家庭も故郷も国も世界も歌われる

国家の平和と繁栄なども、音楽が祈りを込めて歌い上げる宿命を負っています。シベリウスの「フィンランディア」は特にそうであり、また、音楽としても名曲そのものと言ってよいでしょう。米国でよく歌われる愛国歌「ゴッド・ブレス・アメリカ」※3は「アメリカに主の祝福あれ、我が愛する国よ、アメリカを導きたもう、夜通し降り注ぎし天上の御光」という率直な表現で、アメリカの繁栄と平和、神の祝福を歌っています。フォスターの作詞・作曲である「ケンタッキーの我が家」※4は故郷への思いを懐かしく歌い上げています。「懐かしいケンタッキーの家は日差しで明るく輝いている。夏の日、人々は皆、楽しそうにしている。トウモロコシの穂先は熟して、牧草地には花が咲いている…」という故郷の情景が美しく歌われています。

家庭の思い出や親子の愛情の絆など、家族の風景が音楽になるのは自然でありますが、ロシアの「赤いサラファン」※5は、年老いた母親が娘のために赤いサラファンを縫いながら、若かった昔を思い出し、娘と会話している様子が歌われています。嫁ぐ娘とその娘に赤いサラファンを縫ってあげる母の姿は本当に美しい光景です。同じような歌で、日本では、「かあさんのうた」※6が窪田聡によって作られていますが、「かあさんが夜なべをして手袋編んでくれた…」という母の情愛を歌ったその母と子の姿は、万国共通の母の子に対する愛の世界であり、いかに母親の子に対する愛情が深いか、また人はみな母親の思い出こそが何よりも強く刻まれ、その人生を生きていくことを教えてくれます。あらゆる人間の事象が音楽に表現されるとき、それは美しい詩歌であり、また一幅の絵画となります。その音楽を聴き、また歌うとき、私たちの魂は浄化され、穢(けが)れのない純粋な精神を取り戻すことができるのです。

家族の絆が世界平和の原点

現代社会は、急激に家族の絆を失いつつあります。このままでは家族の愛の絆の崩壊が招く「人が人らしくなくなる人間性喪失」が地球を覆う惨劇すら危ぶまれます。音楽の中に、一つの大きな効用性を見出すとすれば、まさに、このような危機を脱するための処方箋であり、音楽を通して、家族の絆、家庭の平和の実現、人類を一大家族にする人類愛、世界平和の創出といった至高の目的に捧げられる音楽がますます求められるということになります。

平和を願う音楽の働きによって世界の人々の心が一つになるならば、今よりもずっと人類の平和は具体的な形となって表われてくるでしょう。家庭の中に平和を築くことからはじめなければなりません。家庭の中に愛の花を咲かせなければなりません。それを助けてくれるのが音楽であり、音楽の貢献度は決して小さくないと申し上げたいと思います。皆様の家庭に神様の祝福と音楽の祝福がともにありますように。

文中で紹介されている曲は以下のサイトから聴くことができます。
 (クリックすると、別ウインドウまたはタブで外部サイトが開きます。)

  1. 「ウィ・アー・ザ・ワールド」
    Michael Jackson- We Are The World (lyrics) − http://www.youtube.com/watch?v=NxSFTUCjamc
  2. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 交響曲第9番 ニ短調作品125
    Beethoven Symphony No 9 D minor Leonard Bernstein Wiener Philarmoniker
     http://www.youtube.com/watch?v=a97EG7Mqp8g
  3. アーヴィング・バーリン 「ゴッド・ブレス・アメリカ」
    God Bless America Lyrics − http://www.youtube.com/watch?v=oB2_j7c0d70
  4. スティーブン・フォスター 「ケンタッキーの我が家」
    My Old Kentucky Home - Paul Robeson − http://www.youtube.com/watch?v=2yQu0sFykbw
  5. アレクサンドル・ワルラモフ 「赤いサラファン」
    Красный сарафан. Поёт Светлана Дятел..
     http://www.youtube.com/watch?v=24VvE7Buotc
  6. 窪田聡 「かあさんのうた」
    かあさんの歌(歌詞付) Song of the mother − http://www.youtube.com/watch?v=mUFcgZdNLU8