機関誌画像

芸術と家庭・・・文学編

長島光央

「姨捨山」にみる現代への教訓

今昔物語にみる姨捨山の話

姥捨月
姥捨月(1891年、月岡芳年『月百姿』)

『今昔物語』(巻30の9)に「姨捨山(おばすてやま)」の話があります。「今は昔、信濃国更科に住む男がいた。年老いたおばを母のように面倒みながら暮らしていたが、妻はこのおばを嫌ってなにかと愚痴をこぼすうち、夫もしだいにおばを粗末にするようになった。おばがいよいよ老いぼれてくると、妻は夫に、おばを山に捨ててきてくれという。夫はしばらくは捨て切れずにいたが、妻にせめられ、ついに8月十五夜の月の明るい晩、寺の説教を聞きに行こうとおばをだまして背に負い、深い山奥に連れていって置き去りにして逃げ帰った。家に帰りついてこのことを悔い悲しんでいると、折から山の上に月があかあかと輝いていた。それを見て夜もすがら眠れず、こう歌を詠んだ。『我が心なぐさめかねて更科や姨捨山に照る月をみて』。そしてまた山に登って行っておばを家に連れ帰り、もとのように一緒に住んだ。それ以来、この山を姨捨山というようになった」。

この短い話が時を超えて日本人の心に深くしみ込んできた事実は否定できないでしょう。特に、「また山に登って行っておばを家に連れ帰り、もとのように一緒に住んだ」という最後の部分を読んで、ほっと安堵の気持ちを抱く読者の気持ちは人の情として自然なものです。

姨捨伝説は世界の各地にあり、また、日本バージョンでも幾つかの類型が存在しますが、『今昔物語』バージョンが、慈悲深さと救いを感じさせるものになっているのは、本当に有り難いことです。年老いたおばを母のように面倒みながら暮らしていた夫は立派でありましたが残念ながら、妻のそそのかしで次第におばを粗末にしていくようになる夫の姿が悲しくもなります。しかし、この夫は無慈悲になり切れず、おばを山から連れ帰ってもとのように一緒に暮らしたというわけですから、”めでたし、めでたし”です。

「姨捨山」は、一見すると、残酷な物語に見えて、最後は、慈悲深い仏の心で締めくくっている構成ですから、このような物語に触れてきた日本人の魂は、本質的に、書いた人も読んだ人も、命をいたわり慈しむ「優しい心」を人間の貴い精神としていると言えるでしょう。

教訓に満ちた仏教説話の宝庫

作者も成立年代もはっきりとしない『今昔物語』ですが、平安末期(1120年代以降)の作品であるという推測はほぼ確実なようです。天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(日本)の3部で構成され、因果応報の教訓的な仏教説話および一般処世訓に結びつくような興味深い世俗説話など千数十が31巻の中にぎっしりと記述されています。日本で最大の説話集が『今昔物語』ですから、一度はざっと目を通しておきたいものです。

『今昔物語』は、文学的興趣に富んだ説話が多いため、後世の多くの文学者が目をつけるところとなり、なかんずく、芥川龍之介の『今昔物語』への愛情は非常に深いものがあります。『今昔物語』を題材にして、『羅生門』、『鼻』、『芋粥』など多くの作品を書いた芥川龍之介ですが、そのほかにも、近代文学の錚々(そうそう)たる作家たち、例えば、菊池寛、室生犀星、谷崎潤一郎、佐藤春夫、瀧井孝作、堀辰雄、福永武彦、幸田露伴、田辺聖子、今東光、杉本苑子など、枚挙にいとまがないほどの作家たちが、『今昔物語』という強力なブラックホールに吸い込まれていきました。「今は昔(今となっては昔のことですが…)」と言い切れない説得力のある魅力を『今昔物語』が放っているということです。

昔からの変わらぬ人倫の道

800年前に『今昔物語』に記された「姨捨山」の話は、年老いたおばを捨て切れなかった男の話です。この話を現代に引っ張ってくるとどういうことになるのでしょうか。『今昔物語』をきちんと読んでいなければ、「姨捨山」と聞いただけで、老女を山に捨ててくる残酷な物語であると勘違いしてしまうかもしれません。しかし、老女は山に捨てられていません。山から連れ帰って元のように一緒に暮らしています。『今昔物語』の作者は、これが人の道であると言っているのです。

しかも『今昔物語』の老女は、男の老いた母親ではなく、おばであり親族の一人です。現代において、山ではなくとも、どこかに老人たちを捨ててくる人はいませんか。要らなくなった荷物のように年老いた祖母や祖父を捨ててしまう人はいませんか。親、子、孫の三代、家族の愛の絆がしっかりと結ばれて暮らすことが何よりの幸せというものです。親がいなければ、子はいない。子がいなければ孫も出てこない。親がいて子がいて孫がいる。この絶対不変の因果律は否定できないものです。

「年寄りは家の宝」と言いますが、そのような精神が薄らいできている昨今、「姨捨山」の男がとった行動を思い起こしてみてはいかがでしょうか。「姨捨山」は現代への深い教訓を語っています。