機関誌画像

芸術と家庭・・・文学編(3)

長島光央

人類一家族世界への願い

対照的な出来事、二つの家族の物語

キャサリン・マンスフィールド
キャサリン・マンスフィールド

ニュージーランドの短編小説家キャサリン・マンスフィールド(1888—1923) という女流作家をご存じの方も多いことでしょう。彼女の作品に『ガーデン・パーティー(園遊会)』がありますが、その作品の中で、シェリダン家がガーデン・パーティーを開くことになり、その準備の様子が生き生きと細やかに描かれた名作です。

作品は、ガーデン・パーティーの準備のため、庭の手入れ、食事、楽団、お花の飾りつけなどの準備で大騒ぎの様子が、シェリダン夫人とその娘たち3人、それに一人の息子、および召使などの姿を通して描かれているのですが、そこに事件が起きます。お菓子のクリームパフ(シュークリームのようなもの)を届けに来た店の男が、スコットという男の死を知らせたのです。何とそのスコットは、シェリダン家のすぐ近くに住んでいる人でした。道路機関車に驚いて荷馬車を引いていた馬が暴れ出し、荷馬車から投げ出されたスコットは頭を強く打って、今朝、即死したというのです。

華やかな園遊会開催の準備中、すぐ近所の家に大変な不幸が起きた。この状況の中で浮かれた園遊会など開くことができるのか。3人の娘の中の一人、感受性の強いローラは激しく悩み、自問を重ね、妹のジョーズにガーデン・パーティーを止めるべきだと言います。しかし答えは、そんなことはできないというものでした。今度は母のところへ行って、園遊会を開くことはできないでしょうと説きふせようとしますが、母の態度もジョーズと同じでした。結局、パーティーは予定通り開催されたのでした。上流階級の紳士淑女たちが集い、美味しいものを食べ、楽団の演奏を楽しみ、団欒するパーティーのすぐ近所では、今朝、事故死した男の遺体が運びこまれ、家族や近隣の人々が悲しみに暮れている、この対照的な情景を、マンスフィールドは描いたのです。

強い倫理観を持った女流作家

キャサリン・マンスフィールドは、ニュージーランドのウェリントンの裕福な家庭に生まれました。父方の祖父はニュージーランドの国会議員、父親は銀行家、母親も名家の出でありました。15歳(1903年)のとき、ロンドンに渡り、クイーンズ・カレッジで学び、一時、ニュージーランドに戻りますが、再び、ロンドンに帰り、1923年、短い生涯を終えるまで、ロンドンを中心に作家生活を送りました。

『ガーデン・パーティー』に登場するローラはキャサリンの人生と内面を映し出しているものとして読まれてきました。そうすると、キャサリンは他人の不幸に対して深い思いやりがあり、同情心が強く働く女性であったということになります。

近所の男の今朝方の死を前に悲しむ人々がすぐ隣にいるという状況で、ハッピーな気分に浸り、浮かれる園遊会など開催することはできないという強い倫理感覚に動かされるローラは、作家キャサリン・マンスフィールド自身の姿でもあったのです。可哀想に、死んだスコットの後に残されたのは細君と幼い子供5人でありました。シェリダン家のような優雅な階級ではなく、労働者階級の貧しさを背負ったスコット一家でした。

マンスフィールドの良心の輝き

一方に園遊会を開く家族、もう一方に夫を亡くし悲嘆にくれる妻と5人の子供の家族、このような二つの家族が御近所同士というコントラストによって、マンスフィールドの『ガーデン・パーティー』は作品に一定の緊張感を与えています。その張り詰めた雰囲気を高めているのが、園遊会を開く側の家族である長女ローラの園遊会中止の要請です。作品の結末を見ますと、夕暮れ時の園遊会終了の寛(くつろ)ぎの中で、シェリダン夫人が言い出したことは、パーティーの残りのサンドウィッチやケーキを大きなボールに盛って、不幸のあった御近所に届けるようにというローラへの催促でした。日頃から全く付き合いのなかった近所の家に勇気を奮って足を踏み入れ、そのボールを持ってお隣を訪ねるローラの姿が描かれています。

英国の階級社会、すなわち、上流階級と中流階級そして労働者階級の3階級は、普段は滅多に交流することはなく、言葉のアクセントや服装も違い、読む新聞なども違います。『ガーデン・パーティー』の中の二つの家庭は異なる階級であり、英国的常識から言えば、ローラの騒ぎ立ては無視されても仕方のないこととして片付けられるところです。ジョーズやシェリダン夫人の態度にそれが現れています。しかし、園遊会の御馳走を盛ったボールを、亡くなったスコットの家庭に運ぶ最後の部分が、世界への一条の光で人類は一つの家族であると願う作家マンスフィールドの良心の輝きかもしれません。