機関誌画像

芸術と家庭・・・文学編(5)

長島光央

困難の中で示す女性の美徳

W・アーヴィングの「スケッチ・ブック」

sketch book
『スケッチブック』(1819)

ワシントン・アーヴィング(1783—1859)という米国の作家は、多くの作品を書いたが、その中でもよく知られているのが『スケッチ・ブック』という短編集である。34の短編作品の中には、ロマンチシズムが溢れており、学校の教科書などで、「リップ・ヴァン・ウィンクル」、「スリーピー・ホローの伝説」などの作品を面白く読んだ覚えのある人も少なくないと思う。

この短編集の中に「妻」という作品があり、読んだ後に、何とも言えない幸福な気持ちを抱かせてくれるのである。それは、女性の持つ特有の美徳について語ってくれているからである。とにかく、あと味の良い作品である。

ジョージには、レズリーという友人がいた。

レズリーの妻はメアリーで、二人は申し分なく幸せに暮らしていた。レズリーは資産家で、メアリーは美貌を備え、歌のうまい外交界の花形とくれば、レズリーの結婚生活の日々は、大いに自尊心を満足させるものであったことは想像に難くない。

ところが、一転、投資事業に失敗して、財産を失い、余裕のない窮状に陥ったレズリーは悶々とした毎日を送ることになる。何不自由ない暮らしをしてきた妻に対して、事業の失敗、財産の喪失を告げるべきかどうか、彼は真実を伝えることができないまま、何事もなかったかのように普段の通りに振舞う。しかし、メアリーのほうでは、何かおかしいと気づく。

レズリーから話を聞いたジョージは、レズリーを戒め、遅かれ早かれバレることであるから、妻のメアリーにすべてを話したほうがいいと説得する。

悩んだ末、レズリーは妻に状況を告げる。その結果、メアリーが示した反応は、レズリーが想像していたものとは全く違って、妻は変わらない愛を夫に示し、むしろ、率直に話してくれた彼の態度の故に、夫との愛の絆がさらに深まったのである。豪邸を売り払い、田舎に引っ越した家で、「今の方がもっと幸せを感じる」という妻の言葉に、レズリーは泣いた。その後、生活の立て直しも順調に進み、再び、以前のような幸せな暮らしを取り戻していく。

ワシントン・アーヴィングがしたためた「妻」という短編である。

現実に立ち向かう女性の生命力の強さ

得てして、男性は大胆で力強く、女性はか弱い存在であると見られがちであるが、ワシントン・アーヴィングが書いた「妻」は違う。華やかな世界で輝き、夫の資産のお陰で虚飾の世界を好む女性のように描かれながら、一転、思わぬ夫の没落から贅沢な暮らしを捨てて田舎に移り住む哀れな女性の姿に転落かと思いきや、夫婦愛の破局のような事態は起きなかった。

かえって夫を愛して、人生を前向きに生きていこうとする妻の姿、女性の強さ、逆境を耐え抜く妻の力、そういうものを見たのである。

レズリーは妻の姿から新たな生きる力と大いなる慰めを得た。外面を気にかけ、自尊心を満足させて生きていたのは妻のメアリーではなく、夫のレズリーの方であった。

すべての女性がメアリーのような態度をとれるとは限らないが、予想もできなかったような困難に立ち至ったとき、存外、男性の方がくよくよと考え狼狽(うろた)えるのに対して、女性の方は気力をふり絞って現実に立ち向かうといった生命力の強さを示すことがある。「逆境の中で夫を慰め助ける妻の姿」という人生の相貌(そうぼう)を垣間見たワシントン・アーヴィングは女性のこのような強さに目を見張り、この「妻」という作品を書かざるを得なかったのである。

思索を続けた作家の内省と洞察

ワシントン・アーヴィング
ワシントン・アーヴィング

ニューヨークに生まれたアーヴィングは、11人兄弟の末っ子である。21歳の時、ヨーロッパに渡り、2年間を過ごして、米国に帰国してからは弁護士を務め、また、著述業に携わった。その後、再び、32歳の時、英国に渡った。以後17年間を欧州で暮らしたので、彼の作品群には欧州の香りが漂っている。スペイン語、ドイツ語、オランダ語などの言語能力にも通暁(つうぎょう)し、欧州に関連する書物も精力的に書いている。

米国の歴史において、先住のインディアンを追いやった白人たちのやり方には疑問を呈し、インディアンに対する深い同情を寄せているその著作群からは、歴史作家の顔も見せている。

総じて、ワシントン・アーヴィングを評するならば、19世紀、米国の「良心の光」として、その思いを文筆に注いだ人物であると言えよう。とりわけ、「妻」に見られるような作品からは、妻たる女性の美徳とは逆境の中でこそ夫を支えることだと思いを抱いていたことであろう。